2017年08月24日

老年期は自分の教養の為に

上手に歳をとる方法。それは老いを受け入れることです。最低なのは、自分を去っていくものに、まだしがみつこうとすることです。

退職が死につながる人間もいます。心の準備ができていない人間です。

旺盛な好奇心を持ち続けている人なら、それは人生の最も楽しい時なはずです。

退職が嬉しいことになるためには、何が必要でしょうか?

それは、栄光のむなしさを知り、無名の人である安らぎを求める気持ちです。

賢い人は、世間の仕事に時間を費やしたあとでは、自分自身のことと自分の教養のために時間を使うものです。
posted by 田村 季山 at 03:31| Comment(0) | 健康・老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月23日

感動の力・・・

純粋で深い感動をすると、肉体の疲れも心の痛手も、たちまち立ち直るものです。

ところが、感動できない人は疲れを溜めるだけで、なかなかエネルギーが再生されません。元気に生きるためには、感動することです。

感動するためには、自分の手と足と体を使って、身を低くして一生懸命やることです。

家でじっとしているだけではいけません。自分が感動できるものに積極的に近づく必要があります。

たとえ外に出られなくても、何か行動を起こしましょう。
posted by 田村 季山 at 03:34| Comment(0) | 健康・老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月22日

望むものについてだけ話すようにする(引き寄せの法則)

人は病気になると、必ずそればかりを話題にしてしまうものです。それは、その人が、自分の病気のことを絶えず考えているからです。自分の思いを言葉にしているだけなのです。少し具合が悪くても、悪化させたくなければ、病気のことを話してはいけません。

あなたの思いが病気の原因です。「とても気持ちがいい。今の気分は上々だ」と繰り返し唱え、本当にそう感じてください。

もしも、あなたが余り気分が良くないときでも、誰かが、「ご機嫌はいかがですか」と尋ねてきたら、その人が気分転換するよう言ってくれたと思い感謝しましょう。

あなたの望むものについてだけ話すようにして下さい。
posted by 田村 季山 at 03:38| Comment(0) | 健康・老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月21日

「感謝の心」を持つ

幸福を味わおうと思えば、ささいなこと、取るに足りないような小さなことにも感謝の心を持つことです。

「感謝したくても、感謝するタネがないよ。不満なら山ほどあるがね」と、天邪鬼(あまのじゃく)の方は、おっしゃるかもしれません。しかし、それは違います。感謝のタネは、ごく平凡な日常生活の中にいっぱい転がっています。

朝ご飯がおいしく食べられた。ウグイスの声が聞こえた。混んだバスに乗ったら、偶然、前の席の人が次のバス停で降りた。ラジオを聞いていたら、心に残る言葉に出会えた。

これらは、すべて感謝のタネになります。「バカバカしい、そんなことに、いちいち感謝していられるか」と注意をそらしてしまわず、些事に「喜び」または「楽しさ」を覚え、幸せだと感じる鋭敏な感受性を育てましょう。

posted by 田村 季山 at 03:27| Comment(0) | 健康・老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月20日

中身が濃く詰まった一日にする・・・

「もっとも長生きした人とは、もっとも多くの歳月を生きた人ではなく、もっともよく人生を体験した人だ」とフランスのジャン・ジャック・ルソーが言っています。

「よく人生を体験する」とは、「よく生きる」とは具体的にどのような生き方をすることなのかというと、視覚、聴覚、触覚、味覚、手足、頭等々を活発に働かせ、好奇心や積極性をもって活動し、感性も知性も磨き、自分が持っている能力のすべてを開花、発揮させ「俺は(私は)確実に生きている」と鮮明に実感する人生を送る、ということです。

きょうという日を、がらんどう、うつろ、空っぽの一日にしないで、できるだけ中身がぎっしり詰まった一日にしましょう。頭に霞や靄(もや)がかかったような起居ではなく、目をしっかり見開いた日常とする。感謝や感激や感嘆や感動、喜びや楽しみを味わう日、意義や価値を覚える日としたいものです。

まあ、これも一つの考え方、生き方に過ぎませんから、どんな生き方をしようと本人の自由です。

あまり深刻に受け止めないことです。
posted by 田村 季山 at 03:45| Comment(0) | 健康・老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月18日

楽しみの伴う努力を・・・

奮励努力、刻苦勉励、歯を食いしばり、克己心を奮い起こして頑張るのは、壮年期まででいいでしょう。シニアになったら、楽しみが伴う努力をする。楽しみが含まれている努力をする、楽しみながら努力する、楽しみの欠けた、または乏しい努力はしない、という基準を設けるといいでしょう。

もちろん、努力は必要です。しかし、全然努力なしの楽しみだけ、ということでは、当人の成長に役立たないし、ただの「暇つぶし」「気晴らし」「慰み」にすぎないもの、しがない「すさび事」に堕してしまいます。しかし、楽しみ抜きのガンバリズムは、感心できません。

努力は程合いの線に自己制御する、その線は「楽しみ」の有無に引く。これがシニアの知恵、賢い生き方でしょう。

posted by 田村 季山 at 03:44| Comment(0) | 健康・老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月17日

「生」を充実させましょう

春夏秋冬の移り変わりは速いけど、順序を踏んでいます。しかし、生・老・病・死の変遷は、それ以上に速いうえに、さらに順序どおりではありません。

シニアになり、やがて老人となり、そのうちに病に臥し、おしまいに死がくるとは限りません。シニアでいるあいだに、「死」は順番を飛び越えて襲ってくるかもしれません。

人生のはかなさを嘆き悲観的で厭世的になるのではなく、「死」から目をそらさず、「死」をしっかりと見つめてこそ、「生」を充実させることができるのです。
posted by 田村 季山 at 03:38| Comment(0) | 健康・老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月16日

「年相応の振る舞い」の逆をいく

常識的な人はよく年相応に振る舞えとか、年齢に応じた服装をしたほうがいいと考えたり、しゃべったりします。しかし、果たしてそうでしょうか?

たとえば、十代から二十代はじめの人がマンガを読み、携帯でメールをし、MDウォークマンで宇多田ヒカルやモーニング娘の歌を聴いているというのでは、何の特徴もない「普通の若者」でしかありません。

逆に、五十代後半、六十代近くになるから、定年後の趣味のために園芸をはじめたとか、俳句や短歌、碁や将棋をするというのでは、これもまた年齢相応ということでしょう。

そこで、若い人なら、周囲の同年齢の人たちがマンガを読んでいるのなら、自分はみんなが読まないような古典的な小説を読んでみる。テレビゲームではなく、将棋や碁をやるという生きかたをしてみましょう。

逆に、老いに向かうから将棋や碁でもやろうかではなく、若い人がやるようなこと、たとえばマンガを読んでみる、ギターを習ってみる、スマホゲームをやってみる、メル友をつくって、携帯・スマホで写メをしてみるというように、同年代の多数の逆をやってみましょう。格好だって、年をとればとるほど、派手でラジカルにしていけばいいのです。
posted by 田村 季山 at 03:32| Comment(0) | 健康・老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月15日

仕事だけに生きてませんか?

仕事だけが生きがいという真面目な人も、中高年には多い。しかし、こういう人ほどリストラに遭ったり、定年になると、落ち込んだり、生きがいをなくしてしまいます。

今の時代、真面目一筋、仕事一筋というのでは通用しません。趣味のない人、雑学のない人も、運から見放されてしまいます。

結局、仕事一筋といっても、だからこそなのですが、到底、役員などに出世することができない人たちなのです。

企業の中でも、トップになる人は、仕事はもちろんのことですが、趣味も幅広く、教養もあります。つまりは、何にでも好奇心旺盛で、楽しめる人なのです。そういう人とは、話していても楽しく、当然、人もついてきます。それが運を引き寄せることにもなります。

いい意味でのいい加減さが必要だということもいえるでしょう。仕事に乗っている時には、それに打ち込めばいいでしょう。しかし、それがうまくいかなくなった時は、別のことを楽しんで気分転換する余裕が必要になります。

時には仕事を忘れられる趣味などの世界をもっていることです。そのためには、自分をある程度、客観的に見る視点をもたなくてはなりません。周囲を見渡し、面白そうなことにはとりあえず手を出してみるといった、積極的な姿勢を持つといいでしょう。

そうすれば、自然と情報も集まり、仕事の方もうまくまわってくるようになります。時に厳しい状況に陥ることがあっても、いずれは運が向いてくるものです。

posted by 田村 季山 at 03:34| Comment(0) | 健康・老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月14日

その都度、その都度、気付く

よいことをするにしても、悪いことをするにしても、それを「する瞬間」というものがあります。怒るときも、嫉妬するときにも、その瞬間があります。だから、大切なことはそのつど、その瞬間に気づくことなのです。

怒りが起こりそうになったら、その瞬間に気づくのです。怒りが爆発しそうな瞬間に気づいて、その瞬間に釘を打っておくのです。そうすると、悪というものは繁殖しないのです。決して、人殺しや大きな悪事は起こさないのです。

おもしろいことに、瞬間の感情というものはとても簡単に完了できるのです。気づいた瞬間に、完了してしまうのです。しかし、怒りの感情が入り込んだ瞬間、それに気づかずに放っておくと、ウイルスのように瞬時に増殖してしまいます。爆発するまで増殖するのでどうにもなりません。

だから、そのつど、その瞬間に気をつければいいのです。それを続けていくと、やがて心は清らかになっているのです。鍛冶職人が汚れを落とすように、少しずつやればいいのです。それはどんな人でも、誰にでもできることです。
posted by 田村 季山 at 03:41| Comment(0) | 健康・老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする