2018年01月17日

逆境は恩寵である

実は、逆境は、反面教師以上の素晴らしいものなのです。

しかし逆境は作為的に作るわけにはいきません。

だから多少の不便や不遇が自然に発生した時に、私たちはそれを好機ととらえ、運命が与えてくれた贈り物と感謝し、むしろ最大限に利用することを考えるべきなのです。

願わしくないもののほうがどちらかというと人間を強めるものです。
posted by 田村 季山 at 03:32| Comment(0) | 健康・老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月16日

ボケないためにも、こまめに動き、頭をつかいましょう

「老化は足からやってくる」と言われているとおり、風邪をひいた老人が一週間寝込んだだけで立てなくなってしまった、というのはよくあることです。

家族が親切過ぎて、何でもしてくれるからといって甘えてしまうといけません。

二十五歳の青年と八十歳の老人の大腿の一部の筋の筋肉量を比較すると四十パーセントも減っているそうですから、一週間も足腰を使わなければ筋肉は益々細り、大変なことになります。

寝たきりの状態では脳の血流も少なくなりますから、頭の働きが悪くなります。

ボケないためには適度に動き、脳の血流をよくして、脳を若く保つことが大切です。

いま、ボケも生活習慣病の一つであると捉え日々の生活を見直していくことが大事です。
posted by 田村 季山 at 03:31| Comment(0) | 健康・老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月15日

病で死ぬな、枯れて死ね・・・

東京慈恵会医科大学整形外科の主任教授を退官され、現在も都内のクリニックで診療に当たっておられる九十五歳の伊丹康人先生は常々、ピンピンコロリでいきましょう。

「病で死ぬな、枯れて死ね」と言われています。

年をとって認知症や寝たきりになり、介護者の世話になって生きる、というのではなく、自分で自分の体に責任を持って、健康な状態で過ごしていくこと。

それが人間としての一つの義務である、と言われます。
その伊丹先生が「八つの心」をもって人に接するといわれます。それを以下に記しておきますので、私たちも参考にして先生のように健康で長寿でありたいと思います。

「八つの心」

一、おはようございますという明るい心
二、はいという素直な心
三、お元気ですかという気遣う心
四、すみませんという反省の心
五、わたしがしますという積極的な心
六、ありがとうという感謝の心
七、おかげさまでという謙虚な心
八、相手の立場を自分におきかえてみる心

以上
posted by 田村 季山 at 03:32| Comment(0) | 健康・老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月14日

名医フーカーの不老長寿法

一、だんだん年をとるという考えを頭の中から駆逐せよ
二、食糧を厳に節せよ
三、常に前途をたのしめ
四、困難に挫折することなく、かえって良き教訓として奮起せよ
五、憤怒するな
六、明日のことを思いわずらうな
七、過去をして過去を葬らしめよ
八、働いて遊び、遊んで働け
九、娯楽を持て
十、金銭目的の競争場裡に立つな
十一、常に善事を行え
十二、思慮は密なるをよしとし、食物は淡きをよしとす
十三、清潔なる食事と清潔なる思想
十四、新鮮なる理想と空気を多く吸え
十五、高尚なる目的と活動
十六、生活を複雑にするな
十七、笑って、若やぐべし
十八、猪突猛進の生活をするな
十九、後日のために貯蓄せよ
二十、自己のためにのみ生存せず、他人のために生きよ

以上、参考にして、心と体の両方が健康で長生きしましょう。
posted by 田村 季山 at 03:29| Comment(0) | 健康・老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月13日

自然な感じで健康を保つ

老人になると、いや老人でなく中年後期でも、健康保持を最大の仕事にしている人は昨今どこにでもいます。

健康ははた迷惑でないという点で素晴らしいものです。

しかしできれば片手間でそれができたらもっと素晴らしいものですね。
posted by 田村 季山 at 03:27| Comment(0) | 健康・老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月12日

あげるときには、「ただ」であげること

「自分が相手に与えたことは忘れずにいて、相手が自分に与えてくれたことは忘れる」というところから、人生の不幸が始まります。

「私は、これだけしてやったのに、相手は何もしてくれない」という思いが不幸の出発点なのです。

この「してやった」という気持ちのなかには、一種の人格的未熟さがあることに気づかなければなりません。あげるときには、「ただ」であげること、見返りを期待しないことが大切です。

特に心の問題はそうです。優しさや気遣いなど、人への愛は与えきりであり、一方通行だと思っていましょう。もし愛やお礼が返ってきたら、「得をした」と思えばいいのです。

世の中には恩知らずの数は尽きません。その恩知らずの中には、ほかならぬ自分自身も入っていることを忘れてはなりません。

「他人に何かをしてあげるときには、与えきりにして、それを忘れる。逆に、してもらったことは長く覚えておき、感謝していく」ということが大切です。
posted by 田村 季山 at 03:22| Comment(0) | 健康・老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月11日

みんな、皆、そんなもの

突然、老年や晩年になるのではありません。長い年月の末に、そこに到達するのです。

だとすれば、そうなる前に、人は種を蒔いておかねばなりません。
死の前に、自分はどのようなところ、どのような風景の中で生きるつもりだったのか、自分で決めておくのが自然でしょう。

が、しかし、思い通り、決めていた通りにはならず、その日をなんとか暮らしているうちに、どんどん歳ばかりとってる自分に気がつきます。

自分の人生は平凡でたいしたことはできなかったと思えたりします。

ところが、真実をじっくり見る時、自分だけでなく、世間にも自分と同じようないびつな人生があることを知って気が楽になり、解放された気分になります。

自分一人が不幸なのだ、と思い込むことがなくて、自分も皆の中の一人だと思えるのです。
posted by 田村 季山 at 03:15| Comment(0) | 健康・老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月10日

老年になるほど冒険ができます

たとえば、四十、五十の人だったら、まだ子供が大学を出ていないとか、大学は出たけど、なんとか結婚させるまでは生きてやらなきゃならないとか、いろいろある人が多いでしょう。

けれど、老年になったら、極端な話、いつ死んでもいいでしょう。

いつ死んでもいいのなら、冒険することができます。

だから冒険は老年のためのものです。

若い時に冒険できるのは選ばれた人でしょうが、老年はほとんどの人が冒険をしていいんです。

老年は素晴らしいんです。
posted by 田村 季山 at 03:17| Comment(0) | 健康・老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月09日

どの年齢も素晴らしい

六十になっても、八十になっても、その歳の人らしい人間のおもしろさが出ていれば、その人はただ古びていっているだけ、とはならずなかなか味のある人間であり続けられます。

人は中年になり老年になっていくものですが、どの年代でもいつも今ある年齢が素晴らしいと思っていられれば生涯をとおして穏かに幸せでいられるものです。

要するに、今を受け入れて満足するということでしょう。
posted by 田村 季山 at 03:29| Comment(0) | 健康・老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月08日

最後の任務・・・

老年や致命的な病を視野に入れなければならなくなった者は、一つの大きな任務があります。

それは内心はどうあろうとも、できるだけ残された時間を明るく過ごす、という使命です。

その理由は簡単です。第一には、周囲の人を不愉快にさせないためだし、第二には生き残る人々に死や病気はそれほど決定的な不幸ではない、ということを身をもって証明するためです。
posted by 田村 季山 at 03:28| Comment(0) | 健康・老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする