2015年09月30日

人生が好転し始める秘訣

言葉にはそれ自体に現実を変える力があります。
「困ったことは起こらない」「他人からの評価は神に任す」「済んだことは神に任す」と口ずさんでみてください。

すると不思議に気分が楽になるはずです。そうして、過去の心配ごとを思い出さない、現在の人間関係のもめごとについて心配しない、将来の不安も想像しない・・・そういう心がけを持ち続けていると、次第に気持ちが明るくなり、それどころか、人生や人間関係が、良い方へ、良い方へと好転し始めます。
posted by 田村 季山 at 08:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月29日

あなたが仏さまのようになったらいいんです

誰か一人が賢くなったらいいんです。

一人賢い人がそこに出てくるだけで、まわりがよりよく変わってくるものです。

あなたが先に、誰よりも先に、仏さまのようになればいいんです。

「あの人が、どうのこうの。世間がどうのこうの」と文句を言ったり、他人を変えようとするのをやめて、まず先にあなた自身を変えればまわりも自然と変わってきます。
posted by 田村 季山 at 08:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月28日

ものごとを勝手に決め付けるから苦しむのです

ものごとを勝手に決めつけるから、苦しむのです。
決めつけるのをやめれば、苦痛はなくなります。

決めつけるのはそれまでの経験のせいです。ものごとに対する考えは、過去の考えから生まれます。
過去の考えはさらにその前の考えの結果です。そしてその考えはさらにその前の考えの結果です。

すべては神が人生を通して行う創造の行為であると認識し、すべてを祝福しましょう。
posted by 田村 季山 at 08:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月25日

周りを嫌な気持ちにさせない

いい気持ちでいたいのは、みんなの共通の願いです。だから、まわりの人びとをけっして嫌な気持ちにさせてはいけません。

怒っている人がいたら、怒り返してはいけません。その人の気持ちを和らげてあげることです。

機嫌が悪かったら、「まあ、そんなこともありますよね・・・」と、できるだけ気持ちを和らげてあげましょう。
posted by 田村 季山 at 08:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月24日

相手を変えるよりルールを変える・・・自分を変える

多くの人は、他人のルールを押し付けられることが好きではありません。

自分の価値観と似ていれば問題はないのですが、残念ながらそういうときばかりではないのが実情といえます。

しかし、他人のルールは、自分が変えられるものではありません。
ですから、価値観の違う相手とストレスなくつきあうには、相手を変えようとするのではなく、自分のルールを少し甘くした方が早道といえます。

例えば、「夜8時以降は健康のために何も口にしない」というルールを持っているひとがいました。その人は、夜8時以降に食事に誘われると、いつも、「私は夜は食べないと決めてるんですよ。あなたも夜食べると内臓に負担がかかるから、夜遅い時間の食事はやめたほうがいいですよ」と相手に言い返していました。

しかし、あるときから、「少しくらいいいか」と気持ちを切り替えて、週に一度だけは、夜遅い食事の誘いにも応じるようにしたら、友達がどんどん増えていったのです。

少しルールを相手側に近づけるだけで、相手との距離はぐっと縮まるのです。
posted by 田村 季山 at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月18日

他の人は変えられない

他の人は変えようと思っても、他の人は変えられません。
自分の周りの世界を変えるための一番簡単な方法は、自分を変えることです。
自分自身の波動が上がったとき、相手のその波動の部分(自分と同じように高い波動の部分)としか交流が出来なくなります。
ラジオで局を選ぶように。

そうして周りが変わったように見えるのですが、実は自分が変わったのです。
posted by 田村 季山 at 08:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月17日

まわりを嫌な気持ちにさせない

いい気持ちでいたいのは、みんなの共通の願いです。だから、まわりの人びとをけっして嫌な気持ちにさせてはいけません。

怒っている人がいたら、怒り返してはいけません。その人の気持ちを和らげてあげることです。

機嫌が悪かったら、「まあ、そんなこともありますよね・・・」と、できるだけ気持ちを和らげてあげましょう。
posted by 田村 季山 at 08:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月16日

いつも、いつも良いものを投げかけることが大切です

いつも、いつも良きものを投げかけることが大切です。良き感情、良き思い、信用してあげること、やさしい心、楽しい思い・・・こうしたイメージを投げかけるようにいつも心がけて生きることが大切です。
posted by 田村 季山 at 08:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月15日

ささいなところから落ち着く

ゆっくりと丁寧に食事をしていると、最初はいらだちが出てくるかもしれません。

しかし諦めないで、実践してみましょう。

丁寧な食事ができるようになれば、人生のさまざまないらだちも、消えてしまいます。

日常のささいなことから、ひとつずつ落ち着きを体得していけば、人生はいつでも落ち着けるようになるのです。
posted by 田村 季山 at 08:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月14日

人生の総合窓口

散らかった部屋で生活している人に、充実した人生を送っている人はいません。
充実していないから散らかっているのではなく、散らかしているから人生が充実していないのです。

とくに、「玄関」を見れば、その人の充実度がわかります。玄関は、あなたの「人生の総合窓口」と心得てください。

朝、玄関をキレイにしてから出かける習慣を身につけましょう。
忙しい朝にすみずみまで掃除はしていられません。そこで、最低限、玄関に出ている靴を全部しまってから出かけるようにします。ゴミ出しをするときの、つっかけサンダルも、下駄箱にしまいましょう。

玄関はすべてのエネルギーの出入り口。玄関の「掃除」「整理」「整頓」がきっかけになって、他の部屋もキレイにしようと思ってくるから不思議です。

運気を良くしようと思ったら、まず玄関を掃除、整理、整頓しましょう。
posted by 田村 季山 at 08:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月11日

尊敬される高齢者になる

「老」の字は、中国では「尊敬する」という意味で使われています。日本では、ただ「年をとった」というふうに捉えられています。だから、イメージがあまりよくありません。

中国流に、老人、イコール尊敬できる人、と思われたいものです。

一人ひとりがそういう「老人」になることを目指して、いくつになっても衰えないクリエイティブな能力を発揮できるように努めましょう。それが、「老人を尊敬する社会」を醸成することにつながります。八十、九十になってもなお、冒険心を持っていろんなことにチャレンジして、社会の「老人観」を変えていきましょう。
posted by 田村 季山 at 08:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月10日

宗教心

たとえ、自分の周囲に起こってくることは、どんな状態にみえようとも、すべて神の愛の現われでないものはない、と受けて感謝すること。神さまがうまくやってくれるから安心だ、と任せ切るのが信仰です。

このようにして全ての動きの中に神の愛を見い出し、仏の慈悲を観じ得るのです。これが宗教心というものです。
posted by 田村 季山 at 07:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月09日

捨てる

外にみえている立派な「かぶりもの」に、だまされてはいけません。
大会社の社長とか、一流大学の教授と名のると、立派な人格者だと思われます。

しかし、それらは所詮「かぶりもの」で、中身は普通の人間かもしれません。人間に必要なことは、外の「かぶりもの」ではなく、内の心の清らかさです。

心の清らかさとは、嫉妬・憎しみ・怒り・貪りなどで心が汚れていないことです。仏教では、「捨てなさい」と言いますが、それは「かぶりものへの執着を捨てなさい」ということです。
posted by 田村 季山 at 08:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月08日

過去への執着心を手放す

いくら家族が大勢いて楽しくても、年をとっていくと子どもは巣立っていき、一人また一人とだんだん周りに人がいなくなります。過去の家族の思い出と比べると、未来はいつも寂しく、孤独で、不自由なものでしかありません。

つまり過去への執着が、その不幸を生み出しています。

物がなくても、病気であっても、心が常に神様の中にいて、自分はさらに進歩すると信じましょう。今の苦痛を受容し、乗り越えることによって、自分は磨かれ、立派に、愛深き人になれるという、その喜びが自分の老後を築き上げていくはずです。

どんな状況にあっても過去は過去、未来は未来、今の瞬間を一生懸命
諦めないで努力して生きることが、老後を豊かなものに導いてくれます。
posted by 田村 季山 at 08:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月07日

食の自由の境地

世間には、同じ物を食べることを嫌がったり、それがいけないように思ったりする向きがあります。

ことさらに同じ物ばかり食べる必要はありませんが、違うものが得られない時は、何日でも同じ物を食べて、少しもあきません。(差し支えありません)

それでも、少しも体にさわらないという食べ方が、本当なのです。

お米のご飯。味噌汁、お茶、つけもの。年がら年中、同じものを同じ方法で煮炊きし、同じように食べます。そして、いよいよおいしく、いよいよ栄養になります。これが、食物に対する真の自由の境地と言えます。
posted by 田村 季山 at 08:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月04日

「思い通りにしたい」という思いを捨てる

この世のことで、自分の思い通りにできるものはほとんどありません。

ですから、「自分の思い通りにすることをあきらめる」のです。そうすれば、その時、動じることのない安らぎの境地が生まれます。それが「悟り」です。

いつまでも若々しくいたいと思っても、人は年齢とともに老けていきます。他人に「こうしてほしい。こうあって欲しい」と思っても、他人は自分の思い通りになってはくれません。それは夫や妻、また子供といった家族であっても同様です。

たとえ家族であっても、突き詰めれば、自分ではない他人であり、自分の思い通りになる存在ではないのです。

「思い通りにしたい」とがんばればがんばるほど、「思い通りにならない現実」にぶつかって、生きることが苦しくなっていくばかりです。

難しいことかもしれませんが、「思い通りにしたい」という思いを捨てると人生はとても楽になり、穏かに過ごせます。
posted by 田村 季山 at 08:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月03日

使命に気づく方法

人それぞれの使命は、「自分の使命はなんだろう?」とジーッと考えれば出てくるものではありません。

簡単に言うと、自分がワクワクすること、夢中になれること、興味のあることに向かっているうちに自然とわかってくるもののようです。

その作業を通して、あなたに何かの役割があるから、宇宙があなたに「ワクワクする」という情報を与えているのです。

ワクワクすることに向かっていると、「これが私の使命だ、役割だ」と強く思うというよりも、自分のやりたいことがますます明確になっていくという感覚です。

これまでの人生でしてきたこと、バラバラだと感じていたことがその使命に向かってつながっていくような感覚にもなります。これまでの仕事(作業)は、自分の使命に向かうためのステップであった、という感覚です。

そして、ひとつもまわり道はなかったことに気づくのです。

使命は人間の私たちが考えたことではなく、宇宙が用意しているものです。
ということは、宇宙の波動と同じ状態になっているとき(つまりワクワクしているとき)に自然と気づくようです。
posted by 田村 季山 at 08:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月02日

善き友、善き書物、善き情報と交わる

見る姿・形は一種の暗示となって私たちの魂の中に投げ込まれます。友達または知人の悪しき範例を見ていると、その悪しき姿が自分の潜在意識内のレコードとなり、縁を得ればその通りの悪しき姿が自分の行為(おこない)に現われてきます。

反対に、善き友と交わり、善き友の行為(おこない)を見、善き友の言葉を聞くことは、目に見えない無限の宝を内に積むことになるのです。
潜在意識の中にある善き観念は、無限のよき宝であるというのは、そこから無限の善きものが湧き出るからです。

すべて心に入ってくる物はやがて形になって顕れてきます。
いつも、いつも善き友、善きものと交わっていましょう。
posted by 田村 季山 at 08:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月01日

すべては自分のためにやっている

問題解決するためには、まず自分のエゴに気づくところが出発点です。

「あなたのためにやっている」と思っているところに、問題があるのです。

「人のため」と言いながら、「自分のため」にやっていることが多いでしょう。

「やらせてもらって、ありがたいです。充実感が得られて幸せです」という気持ちがあれば、うまくいきます。

結局、すべては自分のためにやっていることなのですから。
posted by 田村 季山 at 08:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする