2016年03月31日

親しき仲にも礼儀あり

「親しき仲にも礼儀あり」というのは、友達関係だけではなく、夫婦や親子の間でも必要です。

家庭は気を許してもいいところですが、だからといって、相手を傷つけるようなことを平気で口にしたり、不愉快さをのべつぶちまけてもいい、というものでは決してありません。年をとろうと、それは同じです。
老いれば、何でも許されると思う人がいますが、それも一種の甘えでしょう。

「私くらい年をとれば、何を言っても許されるのよ」と言った老女がいました。本当のところは、周囲の人たちが我慢して聞いているのを、彼女は許されたと勘違いしていたのです。私たちはたぶん一生、誰にも甘えて不作法をしてはいけないのです。配偶者にも成人した子供にも立ち入りすぎた非礼はなさない、と決心する方が、かえって楽なのかもしれません。
posted by 田村 季山 at 08:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月30日

悲観論者であってはなりません

たとえあなたが否定的なものに出会っても、その中に肯定的なものを見つけてください。
あなたは常に、何か肯定的なものを見つけられるでしょう。否定的なものの中に肯定的なものを見つけることがうまくなると、あなたの人生は穏かになり、歓びにあふれるでしょう。

楽観主義的な見方で考えましょう。悲観論者であってはなりません。悲観論者は自身の周りに地獄を創り、その中で生きます。あなたはあなたが創った世界で生きるのです。

覚えておきましょう。ここにはたった一つの世界があるのではありません。ここには人々の心の数と同じくらい、多くの世界が存在しているのです。

私は私の世界で生きているし、あなたはあなた独自の世界で生きています。

状況を、否定的な機会を成長のために使用しましょう。

あらゆることを肯定的に捉えることが出来るようになると、存在全体が完全に異なった方法で機能し始めることに驚くでしょう。それはあなたを、あらゆる可能なやり方で助けはじめるでしょう。
posted by 田村 季山 at 08:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月29日

来るものを「よし」として受ける

来るものをして、一応すべて来たらしめよ。

「来るもの」が時として、「人」であることもあれば、「事」であることも、「物」であることもあります。それらは必ずあなたに何かを与えるためにやって来つつあるのです。

教訓を持って来てくれることもあれば、経験を持って来てくれることもあり、富を持って来てくれることもあります。時として損失を持って来るかのように見えることもあるかもしれませんがそれを静かに受けて省みるとき、それは魂にとって必ず何らかの収穫を持って来てくれているから、決してそれを嫌ったり呪ったりしてはなりません。

すべてのものは、それを素直に受けて味わうとき、きっと何らかの益となります。

それらが損失と見えるのは、自分がある立場に固執して、ある立場からのみそれを観るからです。

人生のあらゆる経験において「絶対損失」となるものは一つもありません。
posted by 田村 季山 at 08:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月28日

「好き・嫌い」という重荷を捨てる

生きている間は、「楽しいことをやろう」とか「やりたい仕事をして生きていこう」とか、そんな選択はあり得ないものと考え、やりたい仕事は見つけられないと思っておく。そんな幻を追い求める暇があったら、今できる仕事をすることです。

「やりたい仕事」ではなく、「できる仕事」をするのだ、と腹に決めてみてはどうでしょう。もし、今の自分の実力でできる仕事がないのなら、努力をして仕事ができるようになればいいのです。

人は常に変わることができます。頭の中のプログラムから「好き嫌い」の基準を取り除いてしまえば、人生は成功します。

私たちが楽しいとか苦しいとか言っている間もなく、世の中は時々刻々と変化していきます。自分自身をその変化に合わせて、そして、好き嫌いという基準を捨てて、常に行動していかなければならないのです。
posted by 田村 季山 at 07:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月25日

衣食住が足りていることに感謝しましょう

毎日、家でお風呂に入れることに感謝。

安い服であっても、毎日、着る服があることに感謝。

三度の食事ができることに感謝。

家の中でお湯をわかし、温かいお茶が飲めることに感謝。

足ることを知らないで、ワンランク上の生活を望んでも、神様は聞き届けてはくれません。神様は感謝することのできる人にのみ味方します。
posted by 田村 季山 at 08:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月24日

本当の幸せは人も自分も幸せにする

人に喜んでもらうと、今の世の中ではなかなか得られない「自分の居場所」という、とても大切なものが得られます。

いま目の前にいる人が幸せになったら、自分も幸せになれます。ただ一つ間違えてはいけないのは、人の幸せのために自分を犠牲にしないことです。

みんなのために自分を虚しくしてはいけません。本当に人のためになることは自分も必ず幸せにします。そして本当の意味で自分のために生きた時、それは人も幸せにします。

本当の幸せというものは人も自分も幸せにします。
posted by 田村 季山 at 08:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月23日

無理しないことです

我慢強く、働き者で、親や上司の命令をよく聞く、責任感が強く、何事も完璧にしないと気がすまない人は要注意です。
真面目な人ほど心に柔軟性がないことがあるので壁にぶち当たるとどうしていいかわからなくなって、苦しんでしまいます。

失敗や挫折からうまく身をかわすためにも、何もかも頭に詰め込み過ぎないで、多少、頭の中をからっぽにしておくことが必要です。その精神で生きれば心に余裕が生まれ、世間の荒波をたくましく生き抜いていかれます。

天台宗大阿闍梨の酒井雄哉師のモットーは、「むりせず、いそがず、はみださず、りきまず、ひがまず、いばらない」だそうです。
何事も精一杯やることはいいことだけど、やり過ぎはよくありません。無理してやり過ぎるから、プレッシャーがかかり、ストレスになります。人間の運命には浮き沈みがつきものですが、その波に逆らわず、ゆったり構えて生きればいいんです。そうすれば、よりよく生きられるはずです。

「はみださず」も同じです。「俺が、俺が」の気持ちが強いと社会のルールからはみ出しがちになります。だからおかしくなります。社会のおかしなことや犯罪は、みんなこれが原因になってるようです。
posted by 田村 季山 at 08:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月22日

いい「場」に身を置くことが大事です

私たちはいろいろな「場」に住んでいます。
学校、会社、地域、家庭、趣味の集い、習い事、友人との会食など、すべて「場」であり、そこにいる一人ひとりの状態が「場」のエネルギーを作り出しています。
病気を治すうえでも、健康に生きるためにも、いい「場」に身を置くことがとても大事です。

常にいい「場」に身を置き、生命場を高める努力を続けていれば、私たちの体が持つ自然治癒力がフルに発揮され、恒常性(ホメオスタシス)が保たれます。
その結果、健康で元気いっぱい生きることができます。

マイナスのエネルギーを持った「場」にはできるだけ近づかないようにしましょう。
たとえば、不平不満、悪口、愚痴、文句、批判ばかりしている人とか、いくら観光地でも不幸のあった場所などです。
posted by 田村 季山 at 08:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月18日

状況は変わるもの

偉大な業績が果てしなく続くかに思われる満潮時、その満ち潮に乗っている裕福な人でさえ、備えがなければ、災難に不意をつかれて破滅の叫びをあげることになります。常に最悪の事態に備えておきましょう。

失敗に次ぐ失敗、悲しみに次ぐ悲しみの引き潮に飲み込まれている貧しい人を憐れみましょう。潮の流れが変わり、成功が彼を抱擁すべく近づいたちょうどその時、彼はついに挑戦することをやめてしまうのです。挑戦し続けましょう。止めてはなりません。

状況は変わるものだということを常に信じていましょう。心は重く、体は傷つき、財布は空で、慰めてくれる人もいない。それでも耐えましょう。

太陽が必ず昇るように、あなたの不遇の時にも必ず終わりが来ることを信じましょう。常にそうであったし、これからも常にそうなのです。

変わらないものは何もないということを覚えておきましょう。

posted by 田村 季山 at 10:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月17日

苦痛はなぜ現われるか

人は苦痛を敵と見なします。けれども、決して苦痛は敵ではありません。苦痛は自己の生命が当たり前の道を歩まないで正道を踏みはずして間違った道を歩んでいることを知らせてくれる信号です。

それは私たちの忠実な信号手であり、自分が人たるの道を再び歩むように警告してくれる天の使いです。私たちが正道(神)を忘れて、自分の勝手次第のことをやっているときに再び自己を反省させて正道(神)の方へ心を振り向けさせてくれるのが苦痛なのです。

無常のものを常住のものと思い、朽ち果つべきものを永遠のものと思い、ただの幻に過ぎないものを実在だと思って、それらに執着していた心を一変させ、無常を無常とし、幻を幻とし、朽ち果つべきものを朽ち果つべきものと悟らせて、本当に常住なもの、金剛不壊(こんごうふえ)なものに心を振り向けさせてくれるのが苦痛なのです。
posted by 田村 季山 at 08:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月16日

いい人生だと思って生きる

自分の人生はいい人生だと思って暮らしていれば、必ずいい人生が送れるものです。

人生には幸、不幸の基準はありません。「自分はいい人生を送っている」と思って暮らしている人は、必ずいい人生を送ることができます。

そうさせてしまうパワーがその人の中に生まれて来るからです。

後悔する人は、迷いの多い人です。

明るく、元気に、自分を、自分のしていることを信じている人には、迷いがありませんから、後悔もありませんし、「自分の人生はいい人生なんだ」と思うことができます。

一番よくないことは、迷って答えを出して、その挙げ句に中途半端に行動し、よい結果が出ないからと愚痴を言うことです。

よい人生を送るコツは、迷わないことです。そして、出た答えを楽しむことです。

迷っている人は、風水をやって、これで自分の運は開けるんだと信じ続ければ、そして、毎日、努力して環境を整えていけば、環境通りに運は開け、夢も実現してきっと素晴らしい人生になります。
posted by 田村 季山 at 08:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月15日

幸、不幸は自分自身の心だけが決める

「幸せ」かそうでないかというのは、環境や状況で決まるのではなく、自分自身の心だけが決められるのです。

どんなお金持ちで裕福な生活を送っていても、自分の人生は不幸だったと語る人もいれば、逆に、どんなに不安定で激動の人生を送っても満足して亡くなっていく方もいます。

七色のフィルターをかければ七色の、空色のフィルターをかければ空色の、そういう風景に見えるだけなのかもしれません。

過去の未熟な自分に対する後悔も、「これからにつながる」と思えば、直視し、認めることができます。
posted by 田村 季山 at 08:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月14日

前向きな人に相談すること

あなたが何かにチャレンジしようとしてちょっと壁にぶつかったとき、誰かに相談したくなったとします。あなたは、どんな人に相談を持ちかけますか?

頭が良くて、何ごとも冷静沈着に分析してくれる年上の人、いつもニコニコしていて、機嫌の良さそうにしている友だち、厳しいことばかり言うけど、付き合いの長い仕事仲間、インターネットの悩み相談コーナーなど、選択肢はいろいろあると思います。

この中でオススメなのは、いつもニコニコしていて、機嫌の良さそうな友だちです。その人が、前にすごいことをやり遂げたとか、これまで百人以上の人の悩みを解決してきたとか、そんな特別な人である必要はありません。大切なのは、その人がいつもニコニコしているということ。

その人は、人生を肯定的に考えて、心にプラスのパワーをためているからいつも機嫌良くしているのです。そういう人はたいてい、マイナスの言葉を使いません。ですから、あなたの相談にもきっと、前向きなアドバイスをくれるはずです。

自分の気持ちが弱くなっているときに、「大丈夫」「できるよ」「うまくいくよ」とあなたの可能思考を強めてくれることを言ってくれる人を選びましょう。

厳しい言葉をかけてくれる人や、沈着冷静で頭の良い人に相談するのは、自分の心に可能思考がきちんとできあがっていて、何を言われてもプラスに受け止められる心の準備ができてからでいいのです。

まずは、「私ならできる」、「きっと大丈夫」と思えるクセをつけることが大切です。そのために、あなたに自信を与えてくれる人を仲間に持つことは、とても有効な方法です。
posted by 田村 季山 at 08:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月11日

幸せはいつもあなたのそばにある・・・そなままの状態で幸せは見い出せる

幸せは、いつも、自分のいちばん近くにあるのです。幸せになりたいと思えば、その瞬間、そのまま、心で、それを感じ、味わうことで、それはすぐ叶うのです。

本当の幸せは、はるか遠くのかなたまで探しまわらなくても、幸せを感じるほどに、さらに幸せを引き寄せるものなのです。

たとえば、子供の笑顔を見ているとき。
たとえば、愛する人のそばにいるとき。
たとえば、ぐっすり眠れる夜があるとき。

特別なことなどなにもない普通の日常の中に、こんなにもたっぷり大きな幸せがあるのです。
posted by 田村 季山 at 08:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月10日

状況は変わる(諸行無常)

偉大な業績が果てしなく続くかに思われる満潮時、その満ち潮に乗っている裕福な人でさえ、備えがなければ、災難に不意をつかれて破滅の叫びをあげることになります。常に最悪の事態に備えておきましょう。

失敗に次ぐ失敗、悲しみに次ぐ悲しみの引き潮に飲み込まれている貧しい人を憐れみましょう。潮の流れが変わり、成功が彼を抱擁すべく近づいたちょうどその時、彼はついに挑戦することをやめてしまうのです。挑戦し続けましょう。止めてはなりません。

状況は変わるものだということを常に信じていましょう。心は重く、体は傷つき、財布は空で、慰めてくれる人もいない。それでも耐えましょう。

太陽が必ず昇るように、あなたの不遇の時にも必ず終わりが来ることを信じましょう。常にそうであったし、これからも常にそうなのです。

変わらないものは何もないということを覚えておきましょう。

posted by 田村 季山 at 08:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月09日

いい「場」に身を置くことが大事です

私たちはいろいろな「場」に住んでいます。
学校、会社、地域、家庭、趣味の集い、習い事、友人との会食など、すべて「場」であり、そこにいる一人ひとりの状態が「場」のエネルギーを作り出しています。
病気を治すうえでも、健康に生きるためにも、いい「場」に身を置くことがとても大事です。

常にいい「場」に身を置き、生命場を高める努力を続けていれば、私たちの体が持つ自然治癒力がフルに発揮され、恒常性(ホメオスタシス)が保たれます。
その結果、健康で元気いっぱい生きることができます。

マイナスのエネルギーを持った「場」にはできるだけ近づかないようにしましょう。
たとえば、不平不満、悪口、愚痴、文句、批判ばかりしている人とか、いくら観光地でも不幸のあった場所などです。
posted by 田村 季山 at 08:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月08日

いい人生だと思って生きる

自分の人生はいい人生だと思って暮らしていれば、必ずいい人生が送れるものです。

人は思っている通りの人生を送るものです。

人生には幸、不幸の基準はありません。「自分はいい人生を送っている」と思って暮らしている人は、必ずいい人生を送ることができます。

そうさせてしまうパワーがその人の中に生まれて来るからです。

後悔する人は、迷いの多い人です。

明るく、元気に、自分を、自分のしていることを信じている人には、迷いがありませんから、後悔もありませんし、「自分の人生はいい人生なんだ」と思うことができます。

一番よくないことは、迷って答えを出して、その挙げ句に中途半端に行動し、よい結果が出ないからと愚痴を言うことです。

よい人生を送るコツは、迷わないことです。そして、出た答えを楽しむことです。

迷っている人は、風水をやって、これで自分の運は開けるんだと信じ続ければ、そして、毎日、努力して環境を整えていけば、環境通りに運は開け、夢も実現してきっと素晴らしい人生になります。
posted by 田村 季山 at 08:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月07日

思った通りに現われ、言った通りに成って来る

あなたが現在の苦しみや乏しさや貧しさに悩んでいられるならば、それは「人間の生きる道はどうせ苦難の道だ、思うようにならない」ということを前から考えてきたからです。

「苦しい、大変だ、心配だ」と言っていると、苦しいこと、大変なこと、心配なことが来るのです。

これは言葉の力、宇宙の法則です。コトバは神であり、言葉は心に思っても、口に出しても、それはいずれも「創造の力」をもっているのです。

思った通りに現われ、言った通りに出てきます。

明るい言葉、たのしい言葉、愉快な言葉、希望に燃える言葉、前途の良くなるという言葉を出していると、その通りに、人生は明るく、たのしくなり、愉快になり、希望に燃えるとおりに何事もよくなってくるのです。

宇宙はとてもシンプルに動いております。

「与えるものが受け取るものです」。発した言葉通り、思った通りの人生を歩むのです。

posted by 田村 季山 at 08:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月03日

常に善人であること

私たちは皆、いわば観光客としてこの惑星、地球にいます。誰一人として永遠にここで生きて暮らすことはできません。長く生きられても、せいぜい百年です。

ですから、ここにいる間、善き心を持つようにつとめ、人生がプラスで有益になるように努めなければなりません。
わずか数年しか生きられないかもしれませんし、一世紀まるまる生きることになるかもしれません。

しかし、その限られた時間を生きるにあたって、問題を悪化させて、他の人々や動物や環境を苦しめていたら、本当に残念ですし悲しいことです。

最も大切なことは善き人間になること、善き人間であることです。
posted by 田村 季山 at 08:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月02日

生を充実させましょう

「死は敗北である」と考えるお医者さんもいますが、どれだけ長く生きるかということではなく、どれだけ深く生きるかが大切です。たとえ延命できなくとも、人生のクオリティを高める手伝いができれば、医学は使命を果たした、と言えるのではないでしょうか。

今でも「人気の高い吉田松陰や坂本竜馬は、短命に終わったことを惜しまれますが、短かったとはいえ、彼らの障害の充実度は生き残った明治の元勲たちに劣っていると考える人はいないでしょう。

「もっとも多く生きる人とは、最も長生きをした人ではなく、生をもっとも多く感じた人である」とルソーはその著書「エミール」の中で言っています。

一方、二十世紀最高の哲学者のハイデッカーは、「死とは人間の存在の最高の山脈である」と言ってます。

人間の生命は有限ですが、死や老いに対して成熟することがあるのではないかと思います。生きるということは、成熟に向かって努力することであり、死によって平安な永遠の眠りを与えられるのではないでしょうか。

posted by 田村 季山 at 08:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする