2016年11月30日

凡事徹底

簡単なこと、単純なこと、単調なことをおろそかにしないことはとても大事なことです。

やれば誰にでもできる平凡なことを徹底し、その中で差をつけることが肝心です。

そんな信念を持って生きていきましょう。

普通は簡単なことはバカにしたり、軽くあしらいがちです。

しかし、そういう生き方をしていると、結果において人生をおろそかにすることになります。
posted by 田村 季山 at 03:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月29日

「してもらうのは当然」と、思わないこと

「行政上の老人」としては、してもらう権利もあるでしょう

しかし精神を持った人間としてはそうではありません。

今は若い人まで、社会や国家に何かを要求し、してもらうのが当然と思う時代です。

しかし根本は、決してそうではありません。老人であろうと、若者であろうと、原則はあくまで自立することです。自分の才覚で生きることです。

もっとも私たちは荒野でなく、人間社会の中で生き、人間社会のルールにしたがって自分の欲望を犠牲にする面もあるのだから、その反対給付として、社会に保証のようなものを請求するのも当然かもしれませんが、してもらうという立場は、その結果のわりに意外と当人にしあわせを与えないものだということを、はっきりと覚えておくべきだと思います。

自立の誇りほど快いことはありません。社会にしてもらってもいいでしょうが、そのほかの部分では、自分が自らすることの範囲をできるだけ広く残しておかなければ、欲求はますます増え、そのために不満も比例して大きくなるのです。
posted by 田村 季山 at 03:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月28日

頼りにされるように

人間の喜びで最たるものは、人に頼りにされ、あてにされることでしょう。

どれだけ財産があっても、社会的な地位を得ようが、この喜びに勝る喜びはないでしょう。

人に頼りにされず、あてにされない生き方は、生きがいをなくすばかりでなく、活力を失い、老化の原因にもなります。

結果において、惨めな一生を送ることになります。

寂しい老後を送らないためにも、日頃からよく心しておかねばならないことです。
posted by 田村 季山 at 03:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月27日

あるがままで十分

毎春、鯉が黄河上流の兎門にある三段の滝登りに挑戦します。ほとんどの鯉は登りきれませんが、なかに三段の滝をすべて登りきる鯉がおり、するとその鯉は龍に変じて天に昇って行くといいます。

これを禅では、困難を乗り越えて一心に修行を重ねれば、やがて龍のような素晴らしい悟りの境地にたどりつくという意味に使います。

ところが、唐代の僧・重顕禅師は、こう言いました。

「鯉は鯉で、なに不足」

「鯉が鯉のままであるのがなぜ不足なのか。なにも鯉が龍になる必要はない」と。

誰もかれもがまなじりを決して、出世しようとしたり、成功者を目ざしたりする必要はないということです。

「世の中は、駕籠に乗る人、かつぐ人、そのまたわらじつくる人」という言葉もあります。社会にはさまざまな仕事が必要で、それをになうさまざまな人で成り立っています。今の自分の仕事やポジションに不足を持つ必要はまったくないということです。

「乗る人」がいばることも、「かつぐ人」が卑下する必要もありません。

posted by 田村 季山 at 03:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月26日

笑顔は黄金に勝る

禅に「和顔愛語」という言葉があります。

人には、柔和な顔と愛情に満ちた言葉で接するということです。

江戸末期の儒者佐藤一斎の「言志四録」のなかに「春風を以て人に接し、秋霜を以て自ら粛(つつし)む」という言葉があります。

「人には春風のようななごやかな気持ちで接し、自らには秋の霜のように厳しく修養するように」という意味です。

人に会ったら、ともかくにっこりしてみるといいでしょう。理由など考える必要はありません。

ただ、ほほえむ。それだけで自分の心がほっとやわらぎます。すると、自然に口から出る言葉にもやさしさがこもっていくものです。
posted by 田村 季山 at 03:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月25日

自分らしく生きる

激しい競争やさまざまな困難のなかで、自分らしく生きていく限り、競うことも争うことも意味はありません。勝者と敗者など、もとよりありはしません。

勝ち負けにとらわれないそんな心境が見えたとき、人はうまく生きられるのだと思います。

勝って喜ぶ、成功して満足するのもいいでしょうが「うまく生きる」ことはもっといいでしょう。

心がそう定まれば、負けて自信を失ったり、失敗して劣等感に打ちのめされたりすることはありません。
posted by 田村 季山 at 03:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月24日

言葉は人となる

言葉には力があります。よい言葉は宇宙を動かし、生きる方向を完全に変える力をもっています。

私たちは、自分を励ますような良い言葉を聞きたがっています。よい言葉は、私たちの心、無限の力を持つ心を直接刺激します。その結果、私たちは心の力を用いて、能力を最大限に発揮できます。

そのように、よい言葉は私たちを変え、悩みを解消し希望を抱かせる力を持っています。

何か心配なこと、自信を失わせるようなことが心に浮かんだら、「大丈夫、困ったことは起こらない」と自分に言い聞かせましょう。

悩まない、迷わない、心配しない。

このような生き方を続けるうちに、運勢は思ってもみないほど好転するものです。
posted by 田村 季山 at 03:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月23日

一日の生命は誠に尊いもの

きょう一日をぐだぐだと悩むだけで、何もしないで無駄に過ごしてしまったとしたら、これほど大きな損失はありません。

今日という日はどんなことをしても二度と帰ってくることはありません。そのことは、一本の草、一匹の小さな虫でさえ知っています。花は一日たてば着実に成長し、開花へと進んでいます。

虫も同じです。初夏の光を浴びながら、ミツバチは休むことなく蜜を集め続けています。

その姿は、悩むことと怠けることを混同し、時間を無駄に過ごす人間に、「今という時間は二度と戻ってこない」ことを教えているのです。

「下手な考え、休むに似たり」といいます。下手な悩みは、時間のムダと思ったほうがいいのです。

なんでもいい。無心に、目の前のことに取り組んでいるうちに、ふと気がつくと、何に悩んでいたのかさえ忘れてしまいます。こうして悩みから救われます。

それこそ時間を生かすということなのです。
posted by 田村 季山 at 03:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月22日

縁に身を任せて生きる

「花は無心にして蝶を招き、蝶は無心にして花を尋ぬ」

これは良寛の歌です。花も蝶も、あれやこれやとより好みするわけでなく、無心に互いに戯れています。

あれやこれやと賢(さか)しげに選ばなくても、世の中には自然の縁があります。出会うべきものは出会い、離れるべきものは離れていきます。

すべてが縁であり、すべてが自然、大自然の運行や縁に身を任せて生きる。こうすれば、心が揺れ動くこともなく、苦しむこともなく、安らいだ日々を送ることができるのです。

こうした日々を送ることができたらなんと穏やかで素晴らしいことでしょう。
posted by 田村 季山 at 03:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月21日

人はわが心の反映

子供の欠点を改めようとすれば、その原因は子供にはなくて親自身にあります。子を気にせず、自分を改めようと努める。

取引の相手に、金払いのよくない者があるとすれば、これは己の金払いに対する賎しい心の反映であると知って、ただそれをよろこんで、己を改める。

このとき、子供は、相手は、指一本触れず理想の子となり、よい取引先となります。

万象は我が師、人は我が心の反映です。

己を改めたときのみ、先方に現れた影が消えうせるのです。

posted by 田村 季山 at 03:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月20日

無事これ名馬

「無事これ名馬」といいます。競馬では、どんな名馬も骨折してしまえば、その場で安楽死処分されます。これになぞらえ、ビジネスマン人生も「無事これ名馬」と称されます。同期の出世コースのトップを走ってきた人でも、病に倒れ、やむなく前線をしりぞくケースは決してまれではありません。

結果的に、健康に配慮し、ケガや大病をしないで働き抜いた人が人生コースも出世コースも登りつめていくことになります。

命をけずるような働き方は賢明ではありません。つねに少しの余裕をもって生きていくことを心がけましょう。「あくせく」よりは「ゆっくり」がいいのです。「じたばた」よりも「粛々と」です。このほうが効率が上がり、達成する目標も高くなります。

「無事」は禅によく登場する言葉で、一般の意味とは少し異なり、禅では、人のたくらみなどから離れて、自分本来に戻った状態、つまり、あるがままの自分である状態をいいます。人の思惑やたくらみにとらわれない真の自由を得た人、といってもいいでしょう。
posted by 田村 季山 at 03:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月19日

心は万境に随って転ず

楽しい、悲しい、うれしい、苦しいというような思いは、煩悩があるからこそわいてくる感情です。

よく考えてみれば、楽しい、悲しい、うれしい、苦しいという感情にはなんら実体がありません。

心が喜怒哀楽を繰り返すのは、時にしたがい、縁にしたがって、心が動くだけのことです。実体と呼ぶべきものはありません。

そうであるなら、喜怒哀楽にこだわる必要はありません。だから無感動に生きなさい、ということではありません。喜びも悲しみも、心が縁を得たときだけのものです。すぐに無に帰すものであるから、喜ぶときには心から喜び、悲しいときには心の底から悲しむように、ということです。

愛も同じです。人を愛するときには、心のかぎりを尽くす。けれど、そこに執着をもってはいけません。

相手がどう思おうと、心変わりをしようと、仕方がありません。心が転じるときには転じるままに受け止めます。

できることは、つねに目の前のことをせいいっぱい感じ取り、せいいっぱい取り組むことだけなのです。
posted by 田村 季山 at 03:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月18日

より好みしなければ悟りの道へ達する

憎いとか愛しいという感情も、区別する思いがあるからこそ起こるものです。いっさいを区別することがなくなれば、どれが嫌い、どれが好きという思いがなくなります。

よい悪い、好き嫌いを区別しないことは、想像以上に難しいことです。

私たちは、あれこれ選びながら生きています。より好みをしないで生きることは、煩悩に惑わされることもなく現実をあるがまま、流れるままに受け止めて生きることに通じます。

悟りへの道は決してむずかしいものではありません。

ただ、取捨選択、あれはいい、これは嫌いというようなことではいけません。取捨選択さえしなければ悟りの道に達することは容易なことです。

posted by 田村 季山 at 03:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月17日

貧富相和す

富者が貧者に譲らず貧富の差が大きくなると、犯罪が多くなり、悪の因果論が成立します。

富める者が社会に尽くし、貧者を救うのは人間の義務でもあるのです。

人を助け、社会を良くするための行いは、富者のつとめです。

財貨を得た者が貧困者を救う行動を起こさなければ、経済は動かず貧富和合は難しいのです。

社会不安をなくすのは、富める者の責任でもあるのです。

倹約をして他に譲るなら、それはけちではなく、人道を行うための目的になります。

持てる者が多く譲ってこそ、人の道にかなうのです。そこに人は、高徳な人格者を見るのです。
posted by 田村 季山 at 03:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月16日

因果応報

原因があり結果があります。

人生に喜びと富があるのは、その人が過去に積み重ねた善行の結果であります。

また、父母、祖父母が年月をかけて徳を積み子や孫がその恩恵を受けて幸福を得るのにも、目には見えない先祖のおかげがあるのです。

私たちも子孫の繁栄のため、未来の幸福のため日々怠ることなく勤労に努めなければなりません。

posted by 田村 季山 at 03:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月15日

密度の高い生き方

賢く悟った者が長生きするともかぎらず、悪事を重ねた者が短命ともかぎりません。

しかし賢い者は、そのひと時を密度の高い生き方をし、愚かな者は、無為に時を過ごして貴重な人生の時間を失うことになるのです。

与えられた命の時間を無駄にすることなく、目的を持ち、精一杯の努力をし働いて生きること、これが自然の真理に従った生き方なのです。

自然の真理から学び、自助努力による自立心で密度の高い生き方をすることが、目標にすべき人生なのです。
posted by 田村 季山 at 03:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月14日

人とのご縁

「何を食べたか」ではなく、「誰と食べたか」でずいぶん満足感が違ってきます。また、旅行にしても「どこに行ったか」ではなく、「誰と行ったか」で楽しさがずいぶん違います。

同じように、「何を言ったか」ではなく、「誰が言ったか」で素直に聞き入れられたり反発を感じたりするものです。

このように、私たちは、人とのご縁の繋がりで生かされております。

縁のない人生ほど、苦しく寂しいことはありません。ところが、いい縁ほどすぐ消えるものです。反対に、悪い縁はほおっておいても大きくなります。

では縁をつくって、縁をつなぐには何が大切か。「思いやり」「いたわり」「感謝」の気持ちを持ち続けることです。つまり、「譲る気持ち」が大切ではないでしょうか。
posted by 田村 季山 at 03:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月13日

ご縁を広げる

仏教に「縁尋機妙(えんじんきみょう)」という言葉があります。「良き縁がさらに良き縁を尋ねて、その発展の仕方といえば誠に機妙である」という意味ですが、その通りだと思います。

また、「多逢勝因(たほうしょういん)」という言葉があり、これは「いろんないい縁を結んでいくと、それがいい結果につながる」という意味で、やはりご縁の有難さを説いています。

ご縁が広がれば広がるほどいい仕事ができる、というのは間違いありません。

では、ご縁を広げるためにはどうすればいいのでしょうか。一つには、自分の趣味の世界を通じてご縁をつくるという方法があるでしょう。お茶をやる人ならばお茶の世界を通じていろんなご縁をつくればいいし、絵画に興味のある人は一緒にいろんな絵を見に行く仲間を集めて同好会をつくるのもいいでしょう。

特に今はネットの世界が広がっていますから、ご縁をつくりやすい状況になっています。いろいろな人が自分の意見をネットで表現し、いろいろな人がそれに意見を返していきます。そういうやりとりの中で一つのご縁ができていくというのは、とてもいいことだと思います。

ご縁を広げていくことで、仕事の世界が広がったり、心のゆとりが生まれたりしていくものだと思います。
posted by 田村 季山 at 03:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月12日

悩み事

悩み事のない人はいません。

どんなに幸せそうに見える人でも、一つや二つ、必ず悩み事を抱えているものです。

その悩み事を、すべて人に打ち明けたからといって、悩み事がなくなるわけでもありません。

できるだけ自分の中で消化して、「あなたは何も悩み事がなくていいですね」と言われるような

人生を歩みたいものです。
posted by 田村 季山 at 03:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月11日

日常の些事を大切に

どんな人も、生きているかぎり、つぎつぎと悩みに襲われるものです。悩みは、満足すればなくなるとはかぎりません。両手からこぼれ落ちるほどのものを有していても、まだまだ、「あれが足りない」「これが欲しい」と思うのが人のあさましさです。

煩悩をぬぐい去る道は、日常と離れた特別なところにあるわけではありません。暮らしの些事を一つひとつ、きちんと行っていくことに悟りに通じる道があるのです。

心が落ち着かなくなったら、日常生活を少していねいにしてみましょう。

食事はじっくり味わいましょう。いつもより念入りに部屋を掃除してみましょう。一つひとつの作業に集中する間に、不思議と心は落ち着いてくるとわかるでしょう。

posted by 田村 季山 at 03:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする