2017年10月31日

夫婦間でも多角的な見方で偏見や思い込みをなくす

長年、連れ添ったシニアの夫婦では、「俺の女房は、こういう性格」、「私の亭主は、いつもこう」と決めてしまう傾向をおびます。

そうなると、相手が味気なく、つまらなく思えてきます。

そこで、パッと視点を転じ、いろいろな角度から伴侶を眺めてみましょう。

「おや、こんな一面もあったのか」と意外な発見をし、新鮮な驚きを覚えます。
posted by 田村 季山 at 03:45| Comment(0) | 健康・老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月30日

自分の考えに固執しないこと

自分の考えをしっかりと持つのは、いいでしょう。それを正しいと信じ、信念を持つのもいいでしょう。

しかし、自分の考えだけが絶対に正しいという確信を持つのはよくありません。これが不幸の発生源になるからです。

正しい考えは、ただ一つではなく、幾つかあります。

自分の考えは、幾つかの中の一つです。

どんな考え・意見・主義・主張も、絶対というものは、この世には存在しません。他の考えも傾聴する寛容の心を養いましょう。
posted by 田村 季山 at 03:29| Comment(0) | 健康・老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月29日

既に手中にある楽しみを十分に味わうこと

定年退職しても、なお数年、非常勤とか嘱託でと向こうが懇請したのでなく、こちらから切願し、第二の人生の楽しみをあとに回す。

旧婚旅行や退職記念旅行は、株価が上がってから、預貯金が一定額に達してからと二の足を踏む。

古希または喜寿を迎えるまではと実務を手放さず、「生涯現役」と胸を張る。

老後の生活設計・行事は、孫が卒業・就職・結婚するまでお預けとし、差し控える。

いずれも立派ではあります。感心します。

が、「残りの持ち時間」と「先送り」「繰り延べ」との兼ね合いも、一考し、ほどほどに。

既に手中にある楽しみは味わっておいたほうがよろしいかと存じます。
posted by 田村 季山 at 03:30| Comment(0) | 健康・老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月28日

思い込みは、時として有難迷惑に

葬式の場で懐かしい人と出会って「まあ、お久しぶり。お元気そうね」と、はしゃいだ声を発する。

グループ旅行でのこと。参加者の中に頭髪がほとんどない人もいるのに、観光バス内で、「あの山はハゲ山だな。ひどいハゲようだ」と口走る。

車窓の景観が変わると、疲れて眠っている人を「これを見なくては来たかいがありませんよ」と、ゆり起こす。

晩食で自分が「これは美味だ」と思うと、相手の嗜好などお構いなしで無理強いする。

人の話を横取りして、自分の話ばかりする。

頼まれもしないのに、「素晴らしい記念品を見つけたんですよ。品切れになりそうなので、あなたの分も買っておきましたよ」と得意顔で差し出す。

お互い、時には本気で内省しなければなりません。「私の精神構造は、ほんものの大人の域に達しているだろうか」と。
posted by 田村 季山 at 03:40| Comment(0) | 健康・老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月27日

山ほどの幸せ

駅に行くまで五十人の人とすれ違ったとします。
一人目の人がどなったりしなかった。ものすごく幸せだった。これで一つ。

二人目の人がどなったりしなかった。これが二つ目。

三人目の人にもどなられなかった。そうして無事に駅に着くことができた。

このようにして幸せを数えていくと、この世の悩みはゼロになってしまいます。

悩み事をいちいちあげつらう時間があったら、今、幸せだ、と言って幸せを山ほど数えあげてみれば、膨大な数の幸せに囲まれていることに気がつくでしょう。

気がついたら、実は悩み苦しみをあーだ、こーだ言ってる自分の不遜さ、謙虚でない、ということもわかってきます。

「ああ、幸せ」と思ってしまえばいいのです。それを口に出して言ってしまうと、とても幸せだということに気づくでしょう。
posted by 田村 季山 at 03:35| Comment(0) | 健康・老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月26日

穏やかな毎日に感謝

感謝というのは、何かが叶ったから感謝、なのではなくて、何も起きないことが感謝なのです。

本当の感謝というのは、何も起きないで穏かに毎日が淡々と過ぎていく、ということがものすごいことなんだ、ということに気づくことです。
posted by 田村 季山 at 03:23| Comment(0) | 健康・老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月25日

今、思えばいい・・・

八十歳の老人が良寛和尚を訪ねて、「今非常に満ち足りています。この状態で百歳まで生きたい。この楽しい状態、幸せな状態のまま百歳を迎えるには、どうしたらよいのでしょう」と尋ねると、良寛和尚は答えました。

「今、百歳だと思えばよい」と。

百歳まで生きたいのなら、今、百歳だと思えばいい。そうすれば、今日から百歳と一日。明日は百歳と二日。

「今、思えばよい」

という一言に万感の思いがあることに気がつくでしょうか。

「私は、ずっと幸せになりたいと、八十年間努力してきました。どうしたら幸せになれるでしょうか」と聞いているのと一緒です。

今、幸せだと思えばいい、のです。
posted by 田村 季山 at 03:32| Comment(0) | 健康・老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月24日

相手の不完全さを受け入れる

夫婦のうち人間としてエライほうが、相手をコトバによって直そうとしないで、相手の不完全さをそのまま黙って背負ってゆく。

夫婦関係というものは、結局どちらかが、こうした心の態度を確立するほかないようです。
posted by 田村 季山 at 03:30| Comment(0) | 健康・老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月23日

最上の「生」を全うする

この世には天あるいは神がその人に「生涯、尽くせ」と使命を授けたとしか考えられない人物、つまり天命を受けて天職を奉じたような人物が存在するようです。

こういう召命(しょうめい)された人は、老年期をのんびりと、ゆったりと、悠々閑々の生活を享受することは許されないように運命づけられているようです。

しかし、大多数のシニアは、そう運命づけられていません。老後を自分にとって有意義で楽しいものにする自由が与えられています。

私たちは、自分を買いかぶらず、一生に二度とない気楽な「残り時間」を衷心より感謝しつつ、日々をていねいに生きていきましょう。
posted by 田村 季山 at 03:29| Comment(0) | 健康・老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月22日

人を裁かないこと

愛すれば愛される。愛さなければ愛されない。

嫌えば嫌われる。嫌わなければ嫌われない。

許す者は許される。許さない者は許されない。

裁く者は裁かれる。裁かない者は裁かれない。

投げかけたものが返ってくる。

投げかけないものは返ってこない。

何が正しくて何が正しくないのか、そういう基準は宇宙には存在しません。

自分の正しいと思う感覚で人を裁かない方がいい、ということになるのです。
posted by 田村 季山 at 03:29| Comment(0) | 健康・老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月21日

苦悩は人を重厚な人物にする

人生は苦に充ちています。しかし、苦あれば楽ありといって、苦の中に楽がふくまれていることも見逃すわけにはいきません。

徳川家康の「遺訓」として伝わっているのが「人の一生は重荷を負うて遠き道を往くがごとし、急ぐべからず」という言葉です。

人生の重い荷物をどこへ下ろせばよいのでしょうか。途中で下ろしてしまうわけにはいきません。

それよりも重い荷物を負うことが、逆に人生の真実をみせてくれるということを知るべきです。軽い荷物は軽い人物しかつくらないと自らにいい聞かせて、弱音をはくことなく自分の人生を歩んでいきましょう。
posted by 田村 季山 at 03:38| Comment(0) | 健康・老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月20日

全てを肯定しありのままを受け入れる

悩みや苦しみは、自分の思いどおりにしようとすることから始まります。

すべてを肯定し、ありのまま受け入れることができれば、何も変える必要がなくなり、悩みが消えて自分自身が一番楽になれます。

すべては最善であるといつも受け止めて暮らしましょう。

悟るとは、ものごとを受け入れるということなのです。
posted by 田村 季山 at 03:32| Comment(0) | 健康・老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月19日

人間関係は砥石のようなもの

この世の出会いは、偶然によるものはひとつもありません。

親子、夫婦、恋人、友人、上司と部下、師匠と弟子など、すべての関係において、お互いが成長するため、学びあうためにお互いを選んで出会っていると言われています。

人間関係はすべて「私」を磨いてくれる砥石のようなものです。

たとえば、夫婦関係について言うと、自分のわがままや自己主張を通せる環境にありながら、それをいかに抑えて幼児性を克服することができるか、その訓練をするための関係ということです。
posted by 田村 季山 at 03:22| Comment(0) | 健康・老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月18日

思いを持たない、執着しない

私たちは自分に「思い」があるとき、それを実現させようと考えます。その思いが簡単に叶うことなら問題はないのですが、難しいことであればあるほど、私たちはそれが良い目標であり、望ましいことであると思い、なんとか実現させようとします。そして実現できなかったとき、自己嫌悪になったり、落ち込んだりしてしまいます。

目標を設定し、努力し、頑張り、必死になることが好きな人はそれでよいのですが、そのような生き方で悩んだり苦しんだり、むなしさを感じるという人は、初めからそのような「思い」(執着)を持たない、という解決方法をとってみてはいかがでしょうか?負担になっている重い「思い」を捨ててしまうのです。

人間の価値は、高い目標を達成したとか、業績を残したとか、そのように目に見えることだけで簡単に決まるものではありません。
posted by 田村 季山 at 03:33| Comment(0) | 健康・老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月17日

心を観る

「ああなりたい、こうなりたい」という心を放っておきましょう。
この瞬間をここで徹底的にくつろぎましょう。明日のことも昨日のことも意識しないでいましょう。

明日のことは、明日のことであって、今することではありません。

昨日のことも、もう終わったのだから、あれこれ考えても無駄です。

実際に生きているのは、今の瞬間だけです、今というこの瞬間が本番なのです。

未来はどうなるのかわかりません。わからないことは放っておくのです。

今の瞬間の自分を観ていくだけで、自分に必要なものが自然と備わってくるのです。

要は気づくこと、心に起こることを確認することだけです。リラックスしながら実践することです。
posted by 田村 季山 at 03:31| Comment(0) | 健康・老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月16日

投げかけたものが返ってくる

たとえ相手に非があろうとも、粗暴な言葉で相手を責めてはいけません。

粗暴な言葉は苦痛となって、相手のなかに残るでしょう。

そして、言われた人びとは、あなたにそのまま言い返すでしょう。

怒りを含んだことばは苦痛です。仕返しがあなたの身に至るでしょう。

安らぎを得たいならば、いついかなる事情のもとにも、すべてのものに慈しみのまなこを向けなければなりません。
posted by 田村 季山 at 03:32| Comment(0) | 健康・老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月15日

「もう少しあれば」と、思わないこと

「もう少々」という考え方は危険です。

たとえば、「うちの子はよく頑張っているんだけど、もうちょっと成績がよければいいなぁ」「もう少し家が広ければいいなぁ」「もうちょっとウエストが細ければいいなぁ」などという、「もう少々」です。

このように思うと、今の自分の実際の状態に不平・不満・不幸を感じることになるのです。

それは、どう見ても不幸な考え方です。

その考え方の人はずーっと延々と「もう少々、もう少々・・・」と考えているのです。それでは一生本当の幸福感・充実感・喜びを感じられないままで死んでしまいます。

だから「もう少々あれば」はやめましょう。それだけでも結構楽になります。

「もうちょっとこうであれば」ということは、「今はダメだ」ということなのです。今は不満だ、今は不幸だ、ということなのです。

「もう少々あれば」という病気の治療法は、「今あるものを、どのように活用して前に進むか」という智恵を働かせる生き方です。

今すでにあるすべてのモノに感謝しましょう。

「これをどう生かすか」と考えて生きれば、それらを利用して発展していけます。そのように生きれば、余裕を持って楽しく生きていけるのです。
posted by 田村 季山 at 03:32| Comment(0) | 健康・老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月14日

正義の人になる

仏教の考え方は、「自分は正しいことを守る」。それだけです。

「相手の非も直してやろう」というような傲慢な態度を取ることは控えます。

「正義の味方」になるのではなくて、「正義の人」になるのです。

いわゆる「私は悪いことはしません」と、自分を戒めるだけなのです。

あらゆるもめごと、争い、戦争などは「相手の非を直してやろう」と考えるところから起こってきます。

正義の味方になって相手を直すことを考えるのではなくて、先ず、「自分は正しいことを守る」と、これだけをみんなが実行できればいいのですが・・・

相手が誰であれ、闘うこと、つぶすことは、正しい道ではありません。
posted by 田村 季山 at 03:37| Comment(0) | 健康・老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月13日

本物の人物とは・・・

その人が「本物人間」であるかどうかを見分ける判断基準として、二つあると私の私淑するイエローハットの創業者の鍵山秀三郎氏は仰います。

一つは、その人の言っていることとやっていることがどれだけ一致しているかだそうです。

あと一つは、自分自身の利益に直接結びつかないことに対して、どれだけ無心に打ち込んでいるかどうかだそうです。

いずれも重要な判断基準だと私も思います。
posted by 田村 季山 at 03:33| Comment(0) | 健康・老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月12日

できるだけ譲る

譲れることは、できるだけ譲っておいたほうがいいでしょう。

譲ってばかりいたら人にやられてしまう、いつも人の後になってしまうと考える人がいますが、そういうことはありません。

譲れることは譲ったほうが、逆に強くなれるものです。

人から物を奪うような生き方をしている人は、往々にして晩節を汚すものです。

自分を優先するのは、ほどほどに。
posted by 田村 季山 at 03:41| Comment(0) | 健康・老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする