2018年07月19日

自己偏愛が愚痴を生む・・・

愚痴る心は、自らの想念行為を、横道に歩ませる原因を作ります。

相手の心と行いについて、理解を示し、寛容な心を持っていれば、愚痴る心も湧いてこないでしょう。

自己偏愛が愚痴になったり、怒りになったり、そしり、ねたみ、足ることを忘れる欲望の亡者になってゆくことを、悟らなければなりません。
posted by 田村 季山 at 03:16| Comment(0) | 健康・老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月17日

五感の欲望に振り回されないこと

人間の魂が肉体に宿ると五官に振り回されてきます。五官とは眼、耳、鼻、舌、身の五つです。

この五官に魂・意識が幻惑されるのです。美しいものを見ると欲しいと思う。気持ちの良い香りには心がひかれる。自分の都合のよい話には、つい乗ってしまう。舌ざわりのよい物は食べすぎてしまう。苦役より楽なほうに身を置きたい。肉体五官はこのように、人の心を動かして行きます。

五官が働かなければ肉体の維持は難しくなります。さりとて、五官に心を奪われると欲望がつのってきます。欲望の源は五官に振り回される心の動きにあったのです。

諸々の欲望、争い、不調和、悪の根源は、五官に心を奪われる六根という煩悩にあるのです。

さまざまな不幸は、肉体にまつわるこうした心の動き、業(ごう)の想念行為によって生み出されていくのです。

業は執着です。執着は五官から生まれる肉体的想念が、魂に根を張ることによって作り出されていくのです。

地位、名誉、金、情欲、その他さまざまな欲望が、人間の神性、仏性を侵して行きます。
posted by 田村 季山 at 03:21| Comment(0) | 健康・老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月16日

祈るよりも感謝の生活が大事です

神社仏閣に行って神仏に祈ることが信仰ではありません。

祈りの心を持ち続けることが本当の信心であり、神仏の心を己の心として生活する中に初めてこの心の尊厳を悟り、心の眼が開かれるのです。

神仏は、森羅万象を、人間修行の場として与えているのですから、祈るよりは感謝の生活を具現することが大切です。
posted by 田村 季山 at 03:24| Comment(0) | 健康・老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月15日

調和した人間関係を作り上げていくこと・・・

夫婦、親子、兄弟、友人などは、それぞれの因縁、あるいは約束のもとに、結ばれています。だから我欲にもとづいた自己主張をしないで、調和ということを目標に、感謝と報恩の毎日の生活を送ることが大切です。

なかには、自分は調和をはかりたいのだが、妻が、夫が、友人がなかなか言うことを聞かないという人もあり、別れたほうが良いと思う人もあるでしょう。

しかし、本来は、片方がゆずる心を持って態度を変えれば、相手も変わってくるものです。意思疎通がないというのも、何か原因があるからで、不調和な根を探し出して、良く反省することが大事でしょう。
しかし、それでも調和できない人もあるでしょう。相手の暴力や毒舌が、休まず攻撃してくることもあるでしょう。

だが私たちは、本来あるべき道から逸脱した相手の姿を感じたら、争ってはなりません。争わずに、「この哀れな者に、どうぞ神さま、安らぎをお与えください」と心から願うだけの余裕が欲しいものです。
posted by 田村 季山 at 03:27| Comment(0) | 健康・老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月14日

挨 拶

愛を込めていつでもこちらから先に挨拶をし、挨拶の言葉のあとに何かひと言続ける・・・これが好印象を与える挨拶の仕方です。

だから、「おはようございます。今日はお天気がいいですね」と相手に言われてから挨拶を返すようでは遅いのです

いつでも必ず、自分のほうから先に挨拶をしなくてはいけません。

そして、「おはよう」「こんにちは」などの挨拶をしたあとに「お元気でいらっしゃいますか?」というふうに言葉を添えると好印象を与えることができます。

挨拶は心の温かさを感じさせる第一の表現方法です

好印象を与える挨拶は、必ず素晴らしい日々の日常生活につながります。

をとってきて老け込まないためにも絶対面倒がらずにこちらからサッと挨拶ができるよう習慣づけておくことはとても大事なことです。

posted by 田村 季山 at 03:28| Comment(0) | 健康・老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

挨 拶

愛を込めていつでもこちらから先に挨拶をし、挨拶の言葉のあとに何かひと言続ける・・・これが好印象を与える挨拶の仕方です。

だから、「おはようございます。今日はお天気がいいですね」と相手に言われてから挨拶を返すようでは遅いのです

いつでも必ず、自分のほうから先に挨拶をしなくてはいけません。

そして、「おはよう」「こんにちは」などの挨拶をしたあとに「お元気でいらっしゃいますか?」というふうに言葉を添えると好印象を与えることができます。

挨拶は心の温かさを感じさせる第一の表現方法です

好印象を与える挨拶は、必ず素晴らしい日々の日常生活につながります。

をとってきて老け込まないためにも絶対面倒がらずにこちらからサッと挨拶ができるよう習慣づけておくことはとても大事なことです。

posted by 田村 季山 at 03:28| Comment(0) | 健康・老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月13日

水急にして月流さず・・・

急流に月が映っている。川の流れがどんなに速くても、月は流されることがない。

月は平然と映ったままである。

つまり、自分を取り巻く環境がどんなに激変しても、自分の信念さえしっかりしていれば、環境に流されることはないという意味です。

激動の世の中、信念をもって流されることなく穏かに過ごしたいですね。
posted by 田村 季山 at 03:27| Comment(0) | 健康・老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月12日

一番大事な心がけ・・・

人が生きていくために誰もがまず一番にしなければならないことは、相手をいかに喜ばせようと心がけるか、ただその一語に尽きると思います。

相手を喜ばせる、相手を幸せにもっていく、相手に勇気をふるい立たせる、相手に幸せを感じさせる。

そういう常に相手の心を喜ばせるようにもっていかせる心は、一番人間として素晴らしい心だと思います。
posted by 田村 季山 at 03:32| Comment(0) | 健康・老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月11日

無為に流れる時間を愉しむ・・・

現代人の人づきあいはあまりにも目的的になりすぎているところがあります。

会って時間を使うなら何か見返りを、といった気持ちがつい働いてしまうのが今の私たちの人づきあいです。

行動でもそうです。いわゆるデキル人といわれている人は、常に時間とメリットを秤にかけて行動を選択しています。

しかし、そういう功利的な生き方が私たちの肉体や精神をむしばんでいるのではないでしょうか。もっと余裕のある時間の使い方をした方がよいのではないでしょうか。

何らかの強迫観念にとらわれ「無為に流れる時間」を恐れてはなりません。

何もしないでぶらぶらしていることへの魅力、自然にありのままに生きることの魅力。

もっと無為な時間を持つよう心がけたいものです。

posted by 田村 季山 at 03:17| Comment(0) | 健康・老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月10日

貴人になる・・・

貴人とは自分の人生を善い方に導き変えてくれるような自分よりはるかにレベルの高い人のことです。

若いときはこういう貴人に会いたい、誰か自分を引き上げて向上させてくれないものかと思ったりするものです。

人生も後半になってくると、「ああ、あの人が自分にとって貴人だったんだな」とわかってきます。

夢を持ったり目標を持って一生懸命やっていると会うべき人にはちゃんと会えるようになっていたり、知るべき情報はちゃんと知るようになっていることがわかります。

さぁ、今までは先人達に手を引いて導いてもらいました。本当に有り難いことです。

人生も後半に入ってくれば今度は私たちが誰かの貴人になってあげる番です。

時間を無駄にすることなくこれまでの経験や知識をより洗練させ、少しでもこれまで蓄えてきたノウハウをあとから来る人達に伝えていきたいですね。

posted by 田村 季山 at 03:18| Comment(0) | 健康・老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月09日

飾らないでサッパリと生きる・・・

自分を飾らないで、嘘いつわりのない自分をいつも出していれば楽なものです。

むろん自分を出していて相手に不快感を与えるようではいけませんが。

サッパリと生きることが大切です。
posted by 田村 季山 at 03:20| Comment(0) | 健康・老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月08日

老後の心配をする前に一瞬一瞬を輝いて生きる・・・

お金がどんなにあっても、健康であっても、家族に囲まれていても、いま大地震が起これば全部なくなるかもしれません。何のためにお金を貯めてきたのでしょう。

老後のために、孫にお祝いもあげず、人との会食にも行かず、コツコツ貯めたお金も、宝石も全部灰燼に帰すかもしれません。それくらいなら「過去にもっと人のために尽くしておけばよかった」あるいは「自分を喜ばせるために使えばよかった」と思いませんか。

耐えることのみを自分に選択させるのは間違っています。自分を喜ばせることも大事だし、身体をていねいに扱うことも大事です。

たまには豪華な食事もしたり、旅行に出て、自分の心を違う環境に持っていくことも必要です。

お金は貯めるより、使うことによって役に立ちます。やがて自分にもその報いが返ってきます。だから、今輝いていれば、老後を恐れることはありません。

だからといって、今のうちに全部お金を使っておこうと思う必要もありません。

それは本人の選択の範囲です。チマチマと暮らし、不自由に生きることは本当の幸せではないということです。
posted by 田村 季山 at 03:28| Comment(0) | 健康・老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月07日

よい言葉を口癖に・・・

良い言葉を口ぐせにするだけで、人生にツキを呼び込み、人間関係が良くなります。

いつも口をついて出る言葉がプラスに習慣化されている人は、思考もプラスになっています。

ツキがある言葉が口ぐせになっている人は、どんどん人生がツイてくるのです。

習慣の力は偉大です。だからマイナスの言葉を口ぐせにしないことです。

言葉が人生(運命)を創り出していることをいつも意識しておくことが大切です。


posted by 田村 季山 at 03:27| Comment(0) | 健康・老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月06日

肯定から入ると人間関係は滑らかに運ぶ

相手は話をしはじめるとき、自分の話が受け入れてもらえるかどうか、とても気になるものです。

「そうだね、わかるよ」と先ず受け入れると、その最初の心配や、いらぬエネルギーを吸い取ってしまいます。

人に意見するときでも同じです。「そうだね、わかるよ」といったん受けとめてから、「でもね」と入っていきます。

このように、常に肯定から入ることが大事です。

そうするのは、なぜでしょうか。

人を肯定的に包み込むことは、相手からすれば、この人は自分の味方だとか、仲間だという安心感を生みます。

こうして相手の心を開いていくことができるからです。

「それは違うよ」と否定から入られると、誰でも無性に腹が立ちます。

人は、自分のことをわかってくれる人を捜し求めているのです。

こんな話を斎藤一人さんがおっしゃておりました。
posted by 田村 季山 at 03:23| Comment(0) | 健康・老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月05日

明るい楽天的な自分に感謝・・・

もし自分がやさしい心、愛の心、明るい心、楽天的な、のんきな心を持っていたら「あぁ私は有り難いなあ、幸せによい心を持てて有り難いなあ、ますます愛深い人になりますように、どうかますます生命輝く人になりますように」と祈ることです。

そうするとますますイキイキと明るく生きられます。

心の状態と人生(運命)はいつも一致しています。
posted by 田村 季山 at 03:20| Comment(0) | 健康・老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月04日

子供たちの義務と責任・・・

やはり子供たちの方から、お父さん、お母さん、長生きして欲しい、あなた方の存在は我々にとって生き甲斐です、と思わせるような生き方を示していかねばなりません。

そういう生き方を示すためには、私たちがまず老人の生を輝かしいものと、彼らの心に植えつける義務があります。それは私たちの責任です。


決して彼らに負い目を負わせるような生き方をさせてはいけない、不自由になっていく体を不自由だと思わせ悲しませてはいけません。体は不自由でも、心は常に自由に天にはばたく輝かしいものとして、受け止めてあげなければいけません。

確かに老人を抱えて苦しんでいる人達のあることは認めます。一日も早く亡くなってしまえばいいと心では思っても、言葉に出しては言えない人々が多く存在しているということもよくわかります。

けれども、それはあくまでも間違っていると言えましょう。やはり死ぬ瞬間まで老人に素晴らしい環境を作ってあげることが、子供の天命だと思います。
posted by 田村 季山 at 03:19| Comment(0) | 健康・老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月03日

本当の悟り・・・

ありとあらゆるものがみんなそれでいいんだ、自分に都合のいいことでも、都合の悪いことでも、あぁそれでいいんだ、有り難うございます。

という心境になれば、それが本当の悟りです。

だから、「これでいいのだ」と、すべてを肯定していた天才バカボンのパパは、つまり赤塚不二雄さんは悟っていたんです。

この境地まで達すると人生何が起ころうが落ち着いていられます。
posted by 田村 季山 at 03:19| Comment(0) | 健康・老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月02日

「絶対大丈夫」と信じること

老後とは一般に考えているような、苦しみでも、孤独でも、寂しさでもありません。

確かに年をとると自分さえ知らない嫌な面、自分が尊敬できない姿が出てきます。お金、執着心、依存心、甘えといった自分でも自由にならない心が出てきます。

しかし、それは消えていく姿。過去の心です。

「絶対に大丈夫」と、自分自身を信じる心が欠けていると、いつまでも執着が消えません。

マイナスの心を追いやって、「絶対大丈夫」と信じることです。

そうすれば、必ず「大丈夫、安心、自立」のほうを選択します。この積み重ねがだんだんと人間を磨いて、高みにあげていくのです。

反対に、あきらめ、不安、恐れといった消極的、否定的な方向を選択したら、不安や恐れが心に残っているので、次もマイナスの否定的な方向に歩みを進めてしまうのです。それが一年も二年も続くと、なかなか引き返せません。

自分の心自体が、人生を創り出しています。やろうと決めれば、必ず出来るものです。
posted by 田村 季山 at 03:24| Comment(0) | 健康・老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月01日

過去への執着を捨て老後を豊かに・・・

いくら家族が大勢いて楽しくても、年をとっていくと子どもは巣立っていき、一人また一人とだんだん周りに人がいなくなります。過去の家族の思い出と比べると、未来はいつも寂しく、孤独で、不自由なものでしかありません。
つまり過去への執着が不幸を生み出しています。

物がなくても、病気であっても、心が常に神様の中にいて、自分はさらに進歩すると信じていましょう。今の苦痛を受容し、乗り越えることによって、自分は磨かれ、立派に、愛深き人間になれるという、その喜びが自分の老後を築き上げていくはずです。

どんな状況にあっても過去は過去、未来は未来、今の瞬間を一生懸命諦めないで努力して生きることが、老後を豊かなものに導いてくれます。

posted by 田村 季山 at 11:35| Comment(0) | 健康・老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする