2019年08月31日

重要なものは何もない・・・・そう解釈しているだけ、そう決めつけているだけ

本質的に重要なものは何もありません。

私たちが出来事に意味をつけ加えて、重要なものにしているのです。

世界(宇宙)はある状況を与えることはできますが、その状況が何を意味するのかを決めるのは私たちです。

私たちが選択しなければ、何事も重要なことにはならないということです。

「重要なものは何もない」という知恵を充分に理解していれば、必ず役に立ちます。

慌てずにいられます。不安からも解放されます。平穏でいられます。

posted by 田村 季山 at 03:15| Comment(0) | 健康・老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月30日

あなたに起こることは、・・・必要・必然・ベスト


神様は生かすものは生かす、往生さすものは往生させます。神様は愛ですからその人に悪いようにはしっこない、と深く信じること。

起っていることは常にこれが今の自分に最善のことなんだと考え、どんなことも否定的に解釈しないことが大切です。

起っていることは必要があって、必然的に、ベストなタイミングで起っています。
posted by 田村 季山 at 03:15| Comment(0) | 健康・老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月29日

「これが私である」と(宇宙に)宣言する

あなたは何になりたいか、何をしたいか、何がほしいのか、よく考えなさい。はっきりするまで考えなさい。
そして、ハッキリしたら、今度はほかのことは考えず、ほかの可能性を想像しないこと。
否定的な考えは頭から追い出しなさい。悲観主義を一掃しなさい。疑いを捨てなさい。不安を拒否しなさい。
最初の創造的な考えをしっかりつかんで放さないように心を鍛えなさい。

あなたの考えがはっきりした確かなものになったら、それを真実として語りなさい。はっきりと声に出しなさい。
そして、創造の力を呼び出す偉大な号令を使いなさい。「これが私である」と言う号令を。

他の人に、「これが私である」と宣言しなさい。「これが私である」というのは、宇宙で最も力強い宣言です。
あなたが何を考え、何を語るにしても、「これが私である」という言葉をきっかけにものごとが動き、体験できるようになります。
宇宙が動く仕組みはそれだけです。ほかに道はありません。宇宙は「これが私である」という言葉に応えます。
posted by 田村 季山 at 03:17| Comment(0) | 健康・老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月28日

その時、その人に合わせた柔軟な対応を・・・


この世には絶対の立場もあり、それが正しいという場合もあります。また、相対の立場もあり、それが正しいということもあります。

「これしかない」という生き方は、行き詰った時に、それ以外の考えができず、すべてを破綻させてしまいます。うつ病とか自殺がその結果として起こることもしばしばです。

だから、一つの考え方にとらわれず、「窮すれば変ず、変ずれば通ず」という考えを持ち、そのようにものごとを考えていくことが大切です。
posted by 田村 季山 at 03:18| Comment(0) | 健康・老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月27日

何事も自分自身で考え選択することが大事です

あなたの判断を神さまは、判定したりはしません。それは良い、これは悪いと神さまは決め付けたりはしません。

ただし、こうありたいという自分を考えたとき、今の行動はそれにかなっているだろうか、と振り返ってみなさい、と言います。

神さまは、なにごともあなた自身で考え、選択することが大事なのだよ、と教えます。
posted by 田村 季山 at 03:20| Comment(0) | 健康・老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月26日

キリストの最も偉大な教えは・・・

キリストの最も偉大な教えは。私たちが永遠の命を得られるだろうということではなく、私たちには永遠の命があるということ。

私たちは神のもとで兄弟となるだろうということではなく、私たちは兄弟だということ。

私たちが求めたものを与えられるだろうということではなく、私たちはすでに与えられているということです。

必要なのは、それを知ることだけです。私たちは自分の現実の創造者です。そして人生は私たちが予想するようにしか、展開しません。

考えることは、現実になります。これが創造の第一歩。父なる神とは「考え」です。私たちの「考え」は、すべてのものごとを誕生させる親です。
posted by 田村 季山 at 03:14| Comment(0) | 健康・老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月25日

ものごとそれ自体に正邪はありません

ものごとは、あなたがそう言うから、正しいとか間違っていることになるのであって、それ自体に正邪はありません。

何かを「正しい」と考え、何かを「間違っている」と考えるのは、一方的な決め付けだということを覚えておきましょう。

「正しい」とか「間違っている」とかは、ものごとの本質ではなく、個人の主観的な判断です。
posted by 田村 季山 at 03:10| Comment(0) | 健康・老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月24日

「自分の責任」と捉える

「こんな目にあう」のは何か、あるいは誰かのせいだと考えているかぎり、どうすることもできません。

「私の責任だ」と言ったときはじめて、それを変えられます。

自分がしていることを変えるほうが、他者がしていることを変えるよりずっと容易です。

なにごとであれ、それを変える第一歩は、選んだのは自分であると認め、受け入れることです。個人として責任があると思えなければ、私たちはすべて一体であるという理解を通して認めましょう。

それから、間違っているからではなく、本当の自分にふさわしくないからという理由で、変化させる努力をしましょう。
posted by 田村 季山 at 03:14| Comment(0) | 健康・老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月23日

宇宙には創造者がいるだけで被害者はいない・・・

外に向かってではなく、内に向かって、「この災厄(悪い出来事)を前に、いま自分は何を体験したいのだろうか。自分のどの部分を引き出したいのか」と問いかけましょう。

人生のすべては、自分自身の創造の道具、そして、出来事のすべては、自分は何者なのかを決定し、その自分になる機会を与えるために存在しているのですから。

宇宙には創造者がいるだけで被害者はいません。

ものごとを災難とか、喜ばしい出来事とか言うのは、それをどう活用するかを決めてから、あるいは見届けてからにしましょう。
posted by 田村 季山 at 03:21| Comment(0) | 健康・老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月22日

「正しい祈り」とは・・・

あなたは求めるものは手に入らないし、欲するものを得ることもできません。

求めるというのは、自分には「ない」と言い切ることであり、欲すると言えば、まさにそのことーーー欲することーーーを現実に体験することになります。

したがって、正しい祈りとは、求めたりすがったりすることでは決してなく、感謝です。

現実に体験したいと考えることを前もって神に感謝するというのは、願いは叶うと認めることです。感謝とは神を信頼すること、求めるより前に神が応えてくれると認めることです。

求めたりすがったりしないで感謝しなさい。

感謝は神をあやつる手段ではありません。宇宙をごまかす仕掛けでもありません。自分に嘘をつくことはできません。自分の心はごまかせません。
口では「これこれについて、神様に感謝します」と言いながら、内心、願いが満たされていないと信じていたら、神はもちろんあなたが信じたとおりにします。

神はあなたの知っていることを知っている。あなたの知っていることは、あなたの現実になります。
posted by 田村 季山 at 03:10| Comment(0) | 健康・老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月21日

人間関係の目的・・・


人間関係の目的は一つしかありません。

それは、人生のすべてに言えることですが。

目的は、本当の自分は何者であるかを決め、ほんとうの自分になること、それです。
posted by 田村 季山 at 03:14| Comment(0) | 健康・老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月20日

時節因縁(じせついんねん)・・・続ければ必ず報われる


事が成るには時節因縁といって、その時期が熟さないと可能になりません。ですから、一生懸命にやっているのに、よい仕事ができないということをもって努力が足りないとか才能がないなどと思ってはいけません。

一生懸命にやっているということが、徳を積む、つまり業(ごう)の貯金通帳に預金するということになるので、その結果が実人生に現われるには時間がかかるのです。
しかし、時節因縁が熟せば、必ず結果は成ります。

いつ時節が熟すかは誰にもわからないのですから、とにかく目の前の仕事に打ち込み、結果を期待するという邪念が入らないくらいに夢中になれば、必ず目的は達せられます。
posted by 田村 季山 at 03:19| Comment(0) | 健康・老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月19日

真に求めていれば必ず与えられます


何もこの手に持たずとも、求める心ひとつあれば、教えてくれる人・情報(本など)が現われ、必要に応じて、導かれるものがちゃんとあって、それらを頼りに、たとえ一歩でも前進しようとしていると、次々と場面が展開していきます。

そうして、途中で、とまどうことや不安なことがあったとしても、そこにたどりつきたいという気持ちが本気であり、揺らぐものがなんにもないとき、人は助けられるように助けられるようになっています。

-求めれば道は開かれ、必要に応じて導かれ、助けられ、遂には求めていたものは手に入るようになっています。
posted by 田村 季山 at 03:08| Comment(0) | 健康・老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月18日

病気にも感謝・・・

すべてのイヤなことは、なんでもかんでもが諸悪なことではなく、その人の現状の状態や状況から、良い方向に導くための、必要課題であり、通過必須項目であったりします。

だから、たとえば病気になったということは、悲しいことでも、悲観的になることでもなく(もちろん、その病気になってしまったことで、辛さや痛みがあったりするわけですが)、そもそもその病気にならなかったら、そのまま命をとられたかもしれないわけです。

だから、症状が出てくれたおかげで、治すきっかけを与えられたということは感謝すべきことです。

大病した人の中には、その後、本当に健康のありがたさがイヤというほどわかり、身体を大事にすることを覚えた人や、この命があることの素晴らしさを感動的に知った人が多いものです。
posted by 田村 季山 at 03:22| Comment(0) | 健康・老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月17日

あなたが仏様のようになったらいいのです・・・

誰か一人が賢くなったらいいんです。

一人賢い人がそこに出てくるだけで、まわりがよりよく変わってくるものです。

あなたが先に、誰よりも先に、仏さまのようになればいいんです。

「あの人が、どうのこうの。世間がどうのこうの」と文句を言ったり、他人を変えようとするのをやめて、まず先にあなた自身を変えればまわりも自然と変わってきます。
posted by 田村 季山 at 03:18| Comment(0) | 健康・老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月16日

「さとり」とは・・・


真に覚醒した者達の悟りとは、結果には決して執着しない。

喜びは創造にあるのであって、その結果にはありません。

悟るとは、行為を否定しようと決意することではなく、行為の結果には意味がないと理解することです。

悟りとは情熱を否定することではなく、結果への執着を否定することです。
posted by 田村 季山 at 03:19| Comment(0) | 健康・老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月15日

「ありがとう」という言葉の魔法

この世の中には、自分にとって良い人もいれば、よくないことをしてくる人や、イヤなことをしてくる人もいます。また、良いものがあれば、よくないものも蔓延していたりします。良い時間もあれば、イヤな時間もあったりします。

しかし、本意・不本意に関係なく、すべての人と物と出来事と時間と流れは、なにかしら、たとえほんの少しでも、自分の魂を磨き、成長させているものなのです。そのことに感謝をすこしでも感じられるようになると「ありがとう」という言葉は自然と口に出るし、この言葉を言わずにはいられなくなります。

感謝を心の中に少しでも持っている限り、悪人になどなりようがなく、人生をだめにしようがないのです。

逆に言うと、「ありがとう」という感謝の念を大きく持てるようになればなるほど、簡単に、有難き感謝に満ちた人生を送れるようになっているということです。
posted by 田村 季山 at 03:11| Comment(0) | 健康・老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月14日

宇宙は常にあなたの欲しいものを与えている・・・

あなたが自分のことを「私はこういう人だ」と言ったら、宇宙は必ずあなたをサポートします。

もしあなたが「人生は苦しく、努力して生きていくもんだ」と信じていたら、
宇宙はそういう風に苦しく努力しないといけない人生を与えます。

しかし、反対に、あなたが、「私は非常に楽に自然になんでも手に入れていいんだ」
「自分は喜びを感じていいんだ」と思って生きているのなら、宇宙はそういうものを与えてくれます。

宇宙は常に私たちの欲しいものを与えています。
posted by 田村 季山 at 03:28| Comment(0) | 健康・老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月13日

意味はあなたが与える


私たちが意味を与えるまで「状況」にはまったく意味がありません。

こんな状況に見えるけど、「自分自身には、何か必ずいい意味があるに違いない」
と考えましょう。

私たちがそういう(良い)意味を与えることによって常にうまくいきます。

どんな状況も、すでにその中に本質的に決まっている意味はありません。
私たちが与える意味によって、そこから得られる結果が変わってきます。

だから、私たちのハッピーな人生にとって、いかにも矛盾して見えるもの(状況)
でも肯定的な意味を与えることによって、それが障害に見えなくなります。

それを「障害」と見ようとしないで「それは自分のハッピーな部分の延長なのだ。
ただ今の自分の目には、どのように肯定的なのかが、まだ見えていないだけなのだ」
と思って下さい。
posted by 田村 季山 at 03:32| Comment(0) | 健康・老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月12日

どのように言ってるかではなく、どう行動しているかです

誠実な行ないほど尊いものはありません。

言葉や文字でいくらよいことを書いたり言ったりしても、実際に行なわなければなんにもなりません。

行ないがその人のすべてを決定します。

誠実真行万理を識(し)るにまさる・・・五井昌久(宗教家)
posted by 田村 季山 at 03:35| Comment(0) | 健康・老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする