2019年10月31日

本物(ほんもの)に出会うには・・・


自分がほんものでないと、ほんものが目の前にあっても気づかないで見過ごしてしまいます。

ほんものに出会いたければ、先ず自分の心を耕し、肥料をやって、良い種をまき、それを育ててみなければなりません。
心を耕すのは意志であり、肥料はこの世のできごと、そして良い種が理想です。
自分の行いで忍耐を持ってそれを育てて、その結果は、すべて良いものを育ててくれる生命エネルギー(宇宙・神)に任せて待つことです。

こうして自分がほんものになったとき、外部にあるほんものがはじめて見えてきます。するとほんものを行動している人に会えます。
ほんものを記した書物とも出会えます。

さらに、身体も植物も動物も、そして意識までがほんものを教えてくれます。
posted by 田村 季山 at 03:04| Comment(0) | 健康・老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月30日

無智と悟り・・・

「私」と「私のもの」・・・この考えを無智といいます。

私の名誉。私の財産。私の家族。・・・・これが迷妄です。

家も財産も家族も友人も、すべては神(宇宙)のもの。

私のものは一つもありません。・・・・これが悟りです。

これを肝に銘記して暮らすと、イライラしたり腹を立てたりしないで穏かに平安に暮らせます。
posted by 田村 季山 at 03:10| Comment(0) | 健康・老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月29日

出来る限り欲を離れる・・・

名誉や利得には関心を持たず、仕事や行為の結果に執着しない。結果を期待しない。

ただ自分の義務を一生懸命に淡々と果たしてゆく。

これが出来る人は離欲者だとギータはいいます。

離欲できない者は死後、その生前の行為による快、不快、またはその混合の報いを受ける。

しかし、離欲の生活を送った者は、そのような悲喜の報果は受けない、とギータはいいます。


(注)、ギータとはインドの宗教書で最高の智慧の書といわれるバガヴァッド・ギータのこと。
posted by 田村 季山 at 03:15| Comment(0) | 健康・老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月28日

常に肯定的な結果を引き寄せましょう・・・

起きていることには何も意味がない、ということを思い出して、特定の悪い意味を与えないようにしましょう。
いろいろな状況に出会ったとき、あわてて今まで自分が学んできた定義づけで解釈しようとしないでください。

「どんな状況からも肯定的な結果が得られるのだ」ということを信頼して、肯定的な結果を探し、自分に引きつけてください。
posted by 田村 季山 at 03:09| Comment(0) | 健康・老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月27日

清潔感・・・


「どんなことができるか、何を持っているか」よりも、清潔感があるほうが、尊い感じを受けます。
つねに清潔なたたずまいでいるには、年を重ねても、経験を積んでも、初々しさを忘れないこと。
新しいことにわくわくし、うれしいことには飛び上がってよろこび、素直な気持ちをなくさないよう、大人になるほど気をつけねばならないと思います。

間違ったことをしたら潔く謝り、失敗はちゃんと認め、決して嘘をつかず、いつも正直・親切を心がける。

これが心の清潔を保つ方法です。
posted by 田村 季山 at 03:10| Comment(0) | 健康・老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月26日

「思いの通り」「言葉の通り」の人生になる


あなたが現在の苦しみや乏しさや貧しさに悩んでいられるならば、それは「人間の生きる道はどうせ苦難の道だ、思うようにならない」ということを前から考えてきたからです。

「苦しい、大変だ、心配だ」と言っていると、苦しいこと、大変なこと、心配なことが来るのです。

これは言葉の力、宇宙の法則です。コトバは神であり、言葉は心に思っても、口に出しても、それはいずれも「創造の力」をもっているのです。
思った通りに現われ、言った通りに出てきます。

明るい言葉、たのしい言葉、愉快な言葉、希望に燃える言葉、前途の良くなるという言葉を出していると、その通りに、人生は明るく、たのしくなり、愉快になり、希望に燃えるとおりに何事もよくなってくるのです。

宇宙はとてもシンプルに動いております。

「与えるものが受け取るものです」。これだけです。

posted by 田村 季山 at 03:10| Comment(0) | 健康・老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月25日

世の中は自分の心の鏡です

「世界は、人々に人々自身の払っただけの貨幣を支払う」ということわざがあります。

世の中を、自分の周りをつまらないと見れば、つまらないことが、世の中から、自分の周りから返ってくるでしょう。
あなたが周りを、人を愛せば、人が集まり、あなたを愛してくれるでしょう。

こちらが周りに、世の中に何もささげないで、世の中から何か自分に都合の良いものを貰おうと思ってもそうはまいりません。

与えるものが、受け取るものです。
posted by 田村 季山 at 03:13| Comment(0) | 健康・老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月24日

そのまま受けて愉しむものは常に幸福です

そのままそこに幸福を見い出すということはとても、とても大切なことです。
そのままそこに幸福を生きる時、そこに常に幸福が見い出されるのです。

汝は幸福である、この小さき石よ
道ばたに静かに横たわりて
哲人の如くにものを考う。

という誰かの詩があります。
あなたはこの小さき石よりも偉大なるものです。この事実に目覚めねばなりません。
この小さき石ころは、どうして幸福なのでしょうか。
それはそのままそこに与えられた生命をたのしんでいるからです。

そのまま受けて愉しむものは常に幸福なのです。
posted by 田村 季山 at 02:56| Comment(0) | 健康・老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月23日

幸福とは・・・・

幸福は追求して得られるものではありません。
幸福は「いま、ここ」に見い出されるべきものです。

幸福は自分の所へ向こうから飛んで来るのではなく、またこちらから向こうへ行ってつかむものでもなく、自分の心に「今」幸福の花が咲くことが必要なのです。

幸福は外から与えられるものではなく、自分の内から呼び出されるべきものです。

幸福は、立派な画家がどんな景色をみても美しい姿にそれを描き出し得るのと同じように、どんな環境にでも美しく心の中に描き出す技術によって得られるのです。

幸福は心の乱れた世界には存在しません。
幸福とは心の平和から来るのです。
心の平和は、今ある所の恵みに感謝するところから来るのです。
posted by 田村 季山 at 03:14| Comment(0) | 健康・老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月22日

どんな時にも楽しくしているようにする

たのしい人は幸福になれるばかりでなく、世の中のためになる人になり、長生きができ、人づきあいがよく、何でもうまくいきます。

私たちは、この世の中に悪口を言ったり文句を言ったり恨んだりするために生まれてきたのではなく、良いことを見つけたり、人をほめたり、自分が愉快になったりするように生まれてきたのです。

いつでも、どの時間にも、たのしくしていることが人間の義務であると思って、どんな時にも楽しくしているように努力しましょう。

posted by 田村 季山 at 03:05| Comment(0) | 健康・老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月21日

本物の成長


人間は自分のやりたいことをするときが、一番意欲がでるものです。

だから最初は、自分のために自分のやりたいことをしてもいいと思います。

しかし、年を経るとともに、人のために自分のしたいことができるように、成長していかなければなりません。
posted by 田村 季山 at 03:09| Comment(0) | 健康・老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月20日

自分から先に実行する

自分から先に、話かけましょう。
自分の方から、にこやかに笑いましょう。
自分の方から、いさぎよく赦(ゆる)しましょう。
自分の方から、勇気を持って詫(わ)びましょう。

自分が変われば相手が変わる。

自分が相手にこうして欲しいと思うことを、まず、自分が先に実行することで、世の中、きっと楽しくなると思います。
posted by 田村 季山 at 03:12| Comment(0) | 健康・老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月19日

アーモンドの効能(生アーモンドを食べていると癌にならない)

今から140年以上前にアメリカのケンタッキー州ホプキンスヴィル町郊外に生まれたエドガー・ケイシーは催眠状態になって、宇宙意識みたいなものにつながって、色々な質問に応えて実に適切な答えを出して人類に多くの情報をもたらしてくれました。
ケイシーのしゃべった言葉は記録され「ケイシー財団」に保管されています。今はネットでも全部見れるようになっているそうです。

ところで、ケイシーはこの「リーディング」とよばれる記録の中で、実にたくさんの病気治療の助言をし、個別の患者ごとにほぼ完璧に病気治療、改善をおこなっていました。百年以上経った現在まで世界中の何百万の人達が彼の恩恵に預かり救われているそうです。

ところで、今日は彼がアーモンドに関して言っていたといういくつかを紹介します。癌の予防や治癒、改善に役立ちます。

「一日に2,3個のアーモンドを食べる人は、決してガンを恐れる必要はない」 
(1158−31)

「もし毎日1個のアーモンドを食べ続けるならば、決して身体のどこにも腫瘍やそのたぐいのものを築きあげない。日に1個のアーモンドは、りんごよりももっとはるかに医者知らずにする。特にある科の医者には用事がなくなる」
(3180−3)

「一日2個のアーモンドを食べつづけるならば、決して皮膚にシミができない。身体は癌になろうとしないし、身体の中では、自分の力で皮膚を汚くしようとしなくなる」

ちなみに、ここでケーシーの言うアーモンドは「生アーモンド」です。
スーパーなどで普通に売られているのは焙煎されていて食塩が加えられています。大切な成分は破壊されていてダメです。

フルーティアというところが生アーモンドをいつも半値近くでネットで売っています。 「生アーモンド」で検索するとすぐそこのサイトにつながり注文できます。



アーモンドはビタミンEが多いので若返りにもいいです。またGI値(血糖値を上げる数値)が低いので糖尿病の人にもいいです。ダイエットにも効果があります。アーモンドの効能を調べるととてもいいことだらけです。

ガンの予防、治療にも効くというので今日はブログに書いてみました。
以前重症の糖尿病だった私ももう8年間ほぼ毎日、小腹がすいた時食べていますが血糖値に影響しないので調子いいです。
posted by 田村 季山 at 03:08| Comment(0) | 健康・老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月18日

悟りかた(解釈)次第で・・・人生は決まっていく

どんなことが起っても、

「これは神さま(宇宙)のお知らせだな〜」

「ああ、これは神さまに注意していただいたんだな〜」

と、気づくこと(悟れること)が大切です。

折々の知らせを、どのように悟っていくかによって、その人の人生が決まっていくのではないでしょうか。
posted by 田村 季山 at 03:14| Comment(0) | 健康・老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月17日

出し切る生き方が人生を拓く


知恵も出そうとしなかった。

汗も出さなかった。

こういう人は、それ以上のものが入ってくることは絶対にありません。

「入ってこない」、と言う人は、たいてい、入ってから出そうと思っている人ではないでしょうか。

自分が持っているだけの知恵と汗を出し切ることです。

そうすれば知恵は泉のように湧き、また、汗もほとばしるように出てきます。

出したものは、次に必ず入ってくるのです。

posted by 田村 季山 at 03:12| Comment(0) | 健康・老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月16日

苦労の3原則


第一、苦労の量は、喜びの量に等しい。
払っただけの苦労は必ず喜びとなって返ってくる。しかもその量は等しい。

第二、納得のいかない苦労ほど、自分を鍛える。
それによって未知の分野を経験し、新しい能力を開発できます。

第三、自分のためにする苦労は身につかないが、人のためにする苦労は身につく。
やがては、その人の「徳」になります。

posted by 田村 季山 at 03:09| Comment(0) | 健康・老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月15日

失敗によって、新しい自分が育つようにすることが大切です

失敗して痛い目に遭うからこそ、自分の足りなさを深く自覚し、また、人の情けのありがたさが身にしみてわかり、耐える力を身につけるのです。

失敗は決して恥ずかしいことではありません。

恥ずかしいのは、同じ失敗を繰り返したり、ころんでも立ち上がれないことです。

失敗によって、新しい自分が育つようにすることが大切です。
posted by 田村 季山 at 03:11| Comment(0) | 健康・老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月14日

納得のいかない苦労こそ・・・・

「私は、納得のいく苦労ならしますが、納得のいかない苦労はしたくありません」
ということを言う人が少なくありません。

納得のいく苦労とは、所詮、未熟な判断で小さな自我の欲求を満たす程度のものでしょう。
人間として、より高度な自己実現を望むなら、たとえそのときに納得がいかなくても、
その苦労に敢然と立ち向かう勇気が欲しいものです。

納得のいく苦労は、自分にはあまりプラスにはなりません。
むしろ、納得のいかない苦労こそが、人間を鍛えてくれます。
今は納得がいかなくても、きっと納得のいくときがきます。
あえて納得のいかない苦労を自ら求めてこそ、成長への道が開けます。
posted by 田村 季山 at 03:08| Comment(0) | 健康・老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月13日

現状のままでしあわせになる・・・


世の中には学歴がないから、〜〜がないからといって劣等感を抱く人がいます。
そういう風に考えるんじゃなくって、東大を出た人は、東大を出てよかったと思えるような生き方をすればよく。
中学出の人は、中学出でよかったっていう生き方をすればいいんです。

ようするに現状を一つも変えないで、いまのままで幸せ。そう思う努力が大事です。
間違えないでください。現状を変える努力じゃありません。現状そのままで、幸せになる考え方をするのがコツなんです。

ほとんどの人は、何かを変えないと、何か変わらないと幸せになれないと思っています。
太っていたら太ったまま幸せになれる方法を考える。これはとても大事なことです。

簡単に言うと、すべては心で、考え方で決まるってことです。
コツは何も変えずに、いまのまま幸せになることです。
posted by 田村 季山 at 03:01| Comment(0) | 健康・老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月12日

人の笑顔を追いかければ幸せになれます・・・


人からもっと「すごい」と言われたいがために物や地位に固執する「地獄」があります。
すごい、すごい、って、すごいを目指して転落する地獄。
たとえば、「クルーザーを持っていたらすごい、もっとすごいクルマが欲しい、もっと有名になって凄いって言われたい」とかです。

世の中で「すごい」と言われるものにあまり価値を置いてはいけません。それが「すごい」地獄の入り口だからです。
「すごい」って言われることだけを追っかけるのは苦しみが多いものです。
どうせ追いかけるんだったら人の笑顔です。人の喜びを追っかけていたら人生というものは本当に幸せなんです。
人の笑顔を追いかければ幸せになれます。
posted by 田村 季山 at 03:10| Comment(0) | 健康・老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする