2009年10月30日

人間味を深く濃くする要素

人は誰もが、自分の好みとは違う人たちの行動に巻き込まれ、それに関わらされることが、つまり生きるということなのでありました。良いことにも願わしくないことにも、双方に関わることが人間を作ってきました。よいことだけでは、恐らく人間の性格は複雑には形成されないでしょう。

もしこの世に悪の匂いがなかったら、どんなに世の中は浅薄なものになるでしょう。悪の概念こそ、人間に陰影を与え、人間に責任を取らせ、人間を解き放し、人間を共同の罪の意識で温かく結びつけるのです。
posted by 田村 季山 at 03:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック