2010年03月15日

 不干渉の法則

余計な干渉をしないということは、魂がより高い世界に向かう旅の中で精神的に進化し、自己実現を成就させるために必須のものです。

人が他の人々の人生に干渉すればするほど、その人の人生も他の人たちに干渉されることになります。これがカルマの法則の働きです。
相手に対して、このようにすべきだと思ったり、ある基準やものの見方を持つべきだと思い込んだりすることは干渉につながります。理想的なのは、他の人たちの個性を受け入れ、それぞれの人がそのレベルに応じて自分に必要なレッスンを受けている魂の存在であると認識することです。自分の考えや見解を押し付けること、相手の許可を得ずに手助けをしたりアドバイスを与えたりすること、さらには相手のしていることは間違っていると思うことすらも干渉に含まれます。

「不干渉の法則」これは魂がより高い世界へ精神的進化を遂げるために必須のものなのです。

偏見を持った人や何か悪感情を抱いている人に出会った時、それを受け入れてあげましょう。なぜならそれはその人の意識のレベルが生み出した結果であり、それはすべて本人にとっての学習であるからです。それぞれの人は、現時点での限られた知識の中で生きているのであって、自らの経験を通してのみ、精神的な態度を変えて、意識的な気づきのレベルを高めることができるからです。
posted by 田村 季山 at 03:55| Comment(1) | TrackBack(0) | 健康・老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
宇野千代なら色ざんげがいいんだけどなあるいは生きていく私 横山光輝のマンガでしか読んでないけどw
Posted by 山岸舞彩 ?像 ヘア at 2013年07月07日 15:53
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/143661116
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック