2015年10月16日

心次第

ほんのわずかな注意が、健康をよくし、病気を未然にふせぎ、寿命を長くし、いつまでも若く元気に保たせることになります。
その健康をよくする道は、心にちょっとした注意をして、正しい生活の法則を守ることです。

心で考えることは、それが形の世界に現われるもとになるものです。
心の中に病的想念を忍びこませてはいけません。暗いことを語ってはいけません。

明るい言葉、楽しい語調、晴れやかな表情は、楽しい感情を呼び起こし、全身の血行をよくし、心臓の運動を軽快にします。
同じ言葉を使っても明るい調子でハキハキと歯切れいい語調で語ることです。

ほんのちょっと心の持ち方やしゃべり方に注意するだけで周りに現われて来る状況まで違ってくるものです。
posted by 田村 季山 at 08:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/427919480
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック