2015年10月19日

少欲知足

「小欲知足」の精神は、欲望を抑えろということではなく、そのありがたさを知ることなのです。欲をなくしてしまえとはいいません。少しだけ減らせばいい、「ほどほど」に物事を考えて、それを繰り返していくうちに、やがて「これでもう充分だな」と思えるようになってくるんです。

「足るを知ること」は、己を知ることでもあります。人は案外、自分という人間がどういうものか、わかっていないものですから、自分がどんな個性の持ち主で、どんな性格なのかがはっきりわかれば、自分にとって、何があれば充分で、何が足りないかを知ることができるのです。

物質的な富は決して、人に満足を与えません。心の充実だけが満足の源になるのです。
posted by 田村 季山 at 08:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/428087613
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック