2016年01月27日

できる限り欲を離れること

名誉や利得には関心を持たず、仕事や行為の結果に執着しない。結果を期待しない。

ただ自分の義務を一生懸命に淡々と果たしてゆく。

これが出来る人は離欲者だとギータはいいます。

離欲できない者は死後、その生前の行為による快、不快、またはその混合の報いを受ける。

しかし、離欲の生活を送った者は、そのような悲喜の報果は受けない、とギータはいいます。

posted by 田村 季山 at 08:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック