2016年02月02日

後半生は、穏かに好きなように生きる

人生の半分を生きて、これから後半生にさしかかると思うと、好きでないことには、もう関わっていたくない、と思います。

一分でも一時間でも、キレイなこと、感動できること、尊敬と驚きをもって見られること、そして何より好きなことに関わっていたいですね。

人を、恐れたり、醜いと感じたり、時には蔑みたくなるような思いで、自分の人生の後半を使いたくはありません。

さわやかな風の中にいるように、いつも素直に、しなやかに、穏かに、時間の経過の中に、深く怨むことなく、何にでも感謝して生きて行きたいですね。
posted by 田村 季山 at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック