2016年02月29日

脳内秘薬(セロトニン)

歩くことが身体にいいということは広く知られています。この歩くという行為は、脳科学の観点から見ても単に身体の調子を整えるだけでなく、やる気が出て若々しく元気になり、うつの症状も改善されるなど、様々なよい効果があることが分かってきています。

その鍵を握るのは、「セロトニン」という脳内物質です。歩くだけで脳内にセロトニンという物質が分泌され、大脳、心、自律神経、筋肉、感覚をも活性化することができるそうです。

脳内のセロトニンが分泌されると以下の五つの効果があるといわれます。

1、大脳が変わる
2、気分が爽快に、元気になる
3、姿勢がよくなり顔つきが引き締まる
4、体がよく動ける状態になる
5、痛みを緩和する

以上、脳と心を元気にして若返りにもなるセロトニンを脳内に分泌させるように毎日できるだけ歩くようにしましょう。
posted by 田村 季山 at 08:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/434396105
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック