2016年08月11日

生きているだけで丸儲け

「生きているだけで丸儲け」一度死にかけた人の心境というものは、そういうものです。

生きていればいつ幸運が訪れるかもしれません。今こうして何事もなく生きていられることが、既に大変な幸福なのです。

自分の足で歩けること、手が動かせること、自分でトイレに行けること。三度の食事が食べられること。

これがどれほど幸せで有難いものなのか、人は病気になったり、ケガをしたりしないとなかなかわかりません。

介護しなければならない人がまわりにいないだけでも、どれほど恵まれて幸せなのかわかりません。

「あれが欲しい。これが欲しい。」とないものばかり要求したり、不平不満ばかり言ったりしています。

今日、何事ごともなく普通に過ごせていたら、幸せそのものなんです。

それは、事件や事故に巻き込まれないように神様があなたを守っていてくれたということなのです。



posted by 田村 季山 at 03:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/440936093
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック