2016年08月16日

日々、頭をつかっていましょう

水は常に流れていると、きれいです。淀んだりためたりすると、いつかは腐ります。

人間も同じで、若いときどれほど輝かしい実績を築いた人でも、あるいは、定年後の人生設計を完璧にして悠々自適な生活を送っている人でも、変化のない生活をしていると、いずれその輝きは失せていきます。

「智はなお水のごとし、流れざるときはすなわち腐る」と中国・宋代の張詠という人が言ったそうです。

つまり、頭は常に使っていなければ、バカになってしまうと。

頭をサビつかせないためには、ちょっとしたことにも関心を持ったり、日々刺激を求めて自分を変化させていくといいのです。そうすれば、頭も人も腐らないはずです。
posted by 田村 季山 at 03:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/441077023
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック