2016年08月23日

よく捨てること

人間の細胞もそうですが、古いものは、新しいものに変わるべきなのです。

ことに人間が美的に整然と活動的であるには、まず単純な生活から始めなければなりません。

だらしのない人間の部屋は、決して何もない、という感じにはなっていません。

あらゆる不用なものが、生活の空間を占領していて、もっと積極的に使えるはずの場所をふさいでいます。

人間は捨てることのほうに勇気がいるのです。

物を捨てると、新しい空気の量が家の中に多くなります。それが人間を若返らせます。

一般に、年をとるにつれ、品物は一つ買ったら一つ捨てることが、理想的です。

一つとっておいたら、古いものを捨てねばなりません。それが、限られた面積に住む庶民生活の道理です。
posted by 田村 季山 at 03:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/441273677
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック