2016年09月21日

本当の大人、本物人間

「わがまま」の中には、許せる「わがまま」と許せない「わがまま」があります。

許せる「わがまま」は「自分のわがまま」、許せない「わがまま」は「人のわがまま」です。

「自分のわがまま」が自分で許せなくなったら、本当の大人です。

「自分のわがまま」は平気で許せるけれども「人のわがまま」は許せないとしたらまだ子供です。

ところで、その人が「本物人間」であるかどうかを見分ける判断基準として、次の二つのことを見ればだいたいわかるものです。

一つは、その人の言ってることとやってることがどれだけ一致しているかです。

もう一つは、自分自身の利益に直接結びつかないことに対して、どれだけ無心に打ち込んでいるかどうかです。
posted by 田村 季山 at 03:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/442111856
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック