2016年10月22日

捨てる修行

年をとると、どうしてダメになるのでしょう。これだけは自分が年をとらなければわかりません。

多くのお偉いさん達が年をとってダメになり、その栄光の人生を晩年になって汚します。そのわけは一言でいえば、自分を捨て切れないからでしょう。大変な修行をした人でも、その修行からきた名声地位を捨て切れずダメになります。

捨てるということがどんなに大事であるか、そしてどんなに難しいことであるのか。かつての柔軟な魂を喪失し、頑固さだけが残り、判断ができなくなるのです。

人間は修行を怠るといっぺんにダメになります、捨(しゃ)にも修行が大事です。

posted by 田村 季山 at 04:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/443014707
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック