2016年10月25日

素直に身軽に

「この二つを」

少食であれ
これは健康のもと
少欲であれ
これは幸福のもと
この二つのものをしっかりと身につけよう
この世を悔いなく終わるため
この世を楽しく生きるため


「石を思え」

腹の立つ時は
石を見よ
千万年も黙って
濁世(じょくせ)のなかに
座り続けている
石を思え

以上、坂村真民の詩です。

残りの人生、クヨクヨしないで、フラフラしないで、ボヤボヤしないで生きましょう。

水のように素直に流れ、雲のように身軽になって生きましょう。
posted by 田村 季山 at 03:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック