2016年11月13日

ご縁を広げる

仏教に「縁尋機妙(えんじんきみょう)」という言葉があります。「良き縁がさらに良き縁を尋ねて、その発展の仕方といえば誠に機妙である」という意味ですが、その通りだと思います。

また、「多逢勝因(たほうしょういん)」という言葉があり、これは「いろんないい縁を結んでいくと、それがいい結果につながる」という意味で、やはりご縁の有難さを説いています。

ご縁が広がれば広がるほどいい仕事ができる、というのは間違いありません。

では、ご縁を広げるためにはどうすればいいのでしょうか。一つには、自分の趣味の世界を通じてご縁をつくるという方法があるでしょう。お茶をやる人ならばお茶の世界を通じていろんなご縁をつくればいいし、絵画に興味のある人は一緒にいろんな絵を見に行く仲間を集めて同好会をつくるのもいいでしょう。

特に今はネットの世界が広がっていますから、ご縁をつくりやすい状況になっています。いろいろな人が自分の意見をネットで表現し、いろいろな人がそれに意見を返していきます。そういうやりとりの中で一つのご縁ができていくというのは、とてもいいことだと思います。

ご縁を広げていくことで、仕事の世界が広がったり、心のゆとりが生まれたりしていくものだと思います。
posted by 田村 季山 at 03:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック