2016年11月19日

心は万境に随って転ず

楽しい、悲しい、うれしい、苦しいというような思いは、煩悩があるからこそわいてくる感情です。

よく考えてみれば、楽しい、悲しい、うれしい、苦しいという感情にはなんら実体がありません。

心が喜怒哀楽を繰り返すのは、時にしたがい、縁にしたがって、心が動くだけのことです。実体と呼ぶべきものはありません。

そうであるなら、喜怒哀楽にこだわる必要はありません。だから無感動に生きなさい、ということではありません。喜びも悲しみも、心が縁を得たときだけのものです。すぐに無に帰すものであるから、喜ぶときには心から喜び、悲しいときには心の底から悲しむように、ということです。

愛も同じです。人を愛するときには、心のかぎりを尽くす。けれど、そこに執着をもってはいけません。

相手がどう思おうと、心変わりをしようと、仕方がありません。心が転じるときには転じるままに受け止めます。

できることは、つねに目の前のことをせいいっぱい感じ取り、せいいっぱい取り組むことだけなのです。
posted by 田村 季山 at 03:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック