2016年12月23日

人間的な死にざまを、自然に見せてやる

老人になって最後に子供、あるいは若い世代に見せてやるのは、人間がいかに死ぬか、というその姿です。

立派に端然として死ぬのは最高です。それは、人間にしかやれぬ勇気のある行動だし、それは生き残って、未来に死を迎える人々に勇気を与えてくれます。

それにまた、当人にとっても、立派に死のうということが、かえって恐怖や苦しみから、自らを救う力にもなっているかもしれません。

どんな死に方でもいいのです。一生懸命に死ぬこと。それを見せてやることが、老人に残された、唯一の、そして誰にもできる最後の仕事です。
posted by 田村 季山 at 03:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/445162916
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック