2016年12月26日

介護と向き合う時に大切なこと

1、他人の助けがないと人は生きていけないので、家族を中心とした人と人とのつながりを大切にしておく。

2、無理して家族で全部しようとせず、社会的なサービスを活用する。

3、心が喜ぶと、介護を受けている人も、している人も劇的に変わるので、生活・人生・魂の質を高める。

4、物事の視点を変えて見てみると、状況が好転することがある。

5、すべての人を価値ある存在としてとらえ、対等な立場で共感・尊敬し合うよう心がける。

と、諏訪中央病院の鎌田實先生が話されてました。

posted by 田村 季山 at 03:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック