2017年03月14日

害がない限り、人の行動を変えようとしないこと

ほとんどの人が、相手に行動を改めるよう要求する「病気」にむしばまれています。

相手の行動が自分に害をおよぼさないかぎり、相手にその行動を改めるよう要求する権利はありません。

あなたが相手の行動をいやがっている以上に、相手はあなたの行動をいやがっているかもしれません。もし相手があなたに行動を改めるよう要求してこなかったとしたら、それは相手があなたより忍耐力があったからかもしれません。

おたがいに相手の特定の行動が気に入らなくても、いつでも妥協することができます。
posted by 田村 季山 at 03:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/447894068
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック