2017年03月15日

愛を表現しましょう

誰かに愛を感じているときは、それを何らかの方法で示しましょう。自分で愛を表現する以上に、世の中に愛を増やす、よい方法があるでしょうか。

本物の愛は温かくて優しい感情であり、相手に見返りをもとめません。愛はいくら与えても尽きることはありません。誰かを愛することは、愛されることと同じように喜びに満ちています。人は愛を与えれば与えるほど、人に愛される存在になります。

愛を感じているのに内に秘めていてはいけません。愛を表現する習慣を身につけましょう
posted by 田村 季山 at 03:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック