2017年03月27日

相手の価値観を認める

仕事や人づきあい全般において、相手が突拍子もないことを考えていたり、価値観や人生観が食い違った場合、自分の今までの知識や経験だけで、「キミの考えは間違っている」とか「そんなことはあろうはずがない」などと、頭ごなしに否定してはいけません。

あなたが、どんな知識を得、体験を積んでいても、この世の中に「絶対」というものはないからです。

だから、どんな話を聞かされても、まずは受け入れてみましょう。たとえ、自分の意に反することでもです。

「そういう考えもあるんだな。自分も一つ挑戦してみようか」と解釈できるようになればしめたものです。

この世には、人の数だけ価値観が存在します。
posted by 田村 季山 at 03:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック