2017年06月03日

仕事抜きで付き合える友人をつくりましょう

友人は、受身で待っていてはできません。自ら行動するしかありません。とにかくいままでとは違う環境に身を置くことです。そうすれば、必ず新しい人間関係が生まれます。

現役だろうが、定年後だろうが、仕事以外の個性的な肩書きのついた名刺を作っておくと、相手に覚えてもらいやすいものです。

友達をつくるには五つの点に注意するといいでしょう。
一、身分の上下にかかわらず、損得抜きでつきあうこと。
二、なるべく明るく振る舞うこと。
三、聞き上手になること。
四、謙虚になること。
五、なるべく若い友人をもつこと。

友達はお金では買えません。生きていくうえでかけがえのない存在であり、財産です。よい仲間がいれば、悲しみは半減し、喜びは倍増します。人を傷つけるのも人間なら、凍えた心を温めてくれるのも人間です。

とはいえ、友達を増やそうと無理してつきあうことはありません。そのためにくたびれてしまったのでは何のための友達かわかりません。せっかく会社のしがらみを離れることができたのです。つきあいたい人間のストライクゾーンは狭くて当然です。必要以上に他人とうまくやろうとは思わないことです。


posted by 田村 季山 at 03:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/450478510
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック