2017年06月04日

趣味と実益を兼ねようと思わない事

よく、そのうち商売にして・・・と皮算用つきでカメラなどはじめる人がいますが、そうした不純な動機でスタートしては、趣味は長続きしないし、ましてや老後の生きがいにはなりません。

趣味と実益を兼ねるようなことはするなと、老婆心ながら言っておきます。

趣味は趣味として、損得を離れて打ち込むからこそ楽しいのです。実益を得ようとすると辛さや苦しさが生まれます。苦しくては老後の楽しみ、生きがいどころではなくなります。

あくまで余暇の充実のために趣味はあるのであって、実益を得るためにあるのではありません。趣味で実益を釣ろうと考えないこと。趣味をできるだけ「生活」から遠ざけておくこと。「純粋に遊び」として趣味をとっておくのが、老後の生きがいづくりには大切な点です。

posted by 田村 季山 at 03:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック