2017年06月11日

自分のためにやるボランティア

人のために役立つ、社会につくすと構えてみても長続きはしません。人でなく自分のためにやる、まず自分が楽しくなくては人にも喜んでもらえません。

人のため社会のためと使命感に燃え、気負うから長続きしないし、面倒くさくなってきます。ボランティアを趣味の延長線上に考え、自分の人生や余暇を充実させる方法として個人主義的に考えれば、気軽にとっかかりやすいし、長続きもします。

自分の楽しみや時間つぶしでボランティアをしても、それはけっして不謹慎ではありません。自分が楽しく、かつ人のためになれば、これほどけっこうなことはないのではないでしょうか。
posted by 田村 季山 at 03:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/450754889
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック