2017年06月14日

今の瞬間、瞬間を無駄にしないこと

人間が生きているということは、この「瞬間」を生きていることであり、それ以外ではありません。瞬間である現在に自己のすべてが現われています、人の一生は一瞬一瞬の連なりです、それゆえ、自分の人生を大切に思うならば瞬間ごとの現在を大切にする以外にはありません。

「余生はまだまだそうとうあるさ」と、なんとなく思って、あるいは残り時間のことは脳裡から追い出して考えないようにして、「現在」の連続を漫然と、または反対に慌しく多忙に送る。そのような暮らし方は、自分を幸せからどれほど遠ざけるでしょう。

サラリーマンなら定年退職前後、一般には六十代くらいの年齢になったら、「現在」を大切にして時間を惜しむことを、まじめに真剣に実行しましょう。

そうしないと、自分の生涯が、惜しんでも余りある残念至極のものになってしまうおそれがあります。
posted by 田村 季山 at 03:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック