2017年07月04日

人に施すことで心のバランスを取り戻す

人間は自分のことばかり考えていると、不思議と身体はバランスを崩してしまうらしいのです。

自分から、他人の方へ意識を向けていくと、つまり、利己主義から利他主義へと転換させていくと、心身のバランスがとれ、神経やホルモンのバランスが良くなり、自然治癒力が増してきて、病気も治ってしまいます。

これは、言い換えれば、心にプラスのパワーをためたことの効果です。

相手に喜びを与え、奉仕精神のある人ほど、病気になりにくく、治りやすいのです。

そう考えると、人に施すことが、自分自身にツキをもたらしてくれるという真実が、よくわかります。
posted by 田村 季山 at 03:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/451486121
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック