2017年07月07日

与える側の言葉を使いましょう

運を良くしたいのなら、人に依存しないで自立していることが、大前提になります。依存から抜け出すときに、一番簡単なのは、「与える自分」になることです。もらうことよりも、あげることに意義を見出せるように意識を変えるのです。そのために、言葉づかいも変えましょう。

今まで、「OOして欲しい」、「どうしてOOしてくれないの」と言ってばかりいた人はいませんか?そんな人は、今日から人を頼ることをやめましょう。

寒い部屋にいるときは、一緒にいる人たちに、「寒くないですか?」エアコンの温度を上げましょうか?」と声をかけましょう。元気のない友人がいたら、「どうかしたの?私でよければ相談に乗るよ」と笑顔で話しかけましょう。

ささいなことでいいのです。自分の方から人を思いやる言葉をかけることは、相手を勇気づけるだけでなく、あなた自身の心にもプラスのパワーを与えてくれるでしょう。

posted by 田村 季山 at 03:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック