2017年08月12日

いつまでもいつまでも相手の問いかけに答えてあげましょう

歳を重ねていく毎に、夫婦の形は変わってくるでしょう。二人だけの世界に浸っていた時代、子供を中心に回っていた時代。そして再び二人だけの時代へと移ろいでいきます。

会話が途切れたり、気持ちがすれ違ったりすることもあるでしょう。それでも、相手の問いかけに答えようとする気持ちがある限り、二人の愛情は続いているのです。

もしも相手の問いかけに答える気持ちさえ失せたとしたら、それは一つの愛情が終わったことになるでしょう。そうならないためには、まず自らの悩みと真摯に向き合うことです。

自らの答えのない問いに対しても、答えを見つけようとしてみることです。自らに問いかけることができる人間は、きっと相手の問いかけにも耳を傾けることができるでしょう。

問いかけることをやめてしまってはいけません。
posted by 田村 季山 at 03:30| Comment(0) | 健康・老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。