2018年07月11日

無為に流れる時間を愉しむ・・・

現代人の人づきあいはあまりにも目的的になりすぎているところがあります。

会って時間を使うなら何か見返りを、といった気持ちがつい働いてしまうのが今の私たちの人づきあいです。

行動でもそうです。いわゆるデキル人といわれている人は、常に時間とメリットを秤にかけて行動を選択しています。

しかし、そういう功利的な生き方が私たちの肉体や精神をむしばんでいるのではないでしょうか。もっと余裕のある時間の使い方をした方がよいのではないでしょうか。

何らかの強迫観念にとらわれ「無為に流れる時間」を恐れてはなりません。

何もしないでぶらぶらしていることへの魅力、自然にありのままに生きることの魅力。

もっと無為な時間を持つよう心がけたいものです。

posted by 田村 季山 at 03:17| Comment(0) | 健康・老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。