2017年09月29日

善行為

何かどんな小さなことでも自分にできることを、社会のため、人のためにして、自分が人の役に立つようにしましょう。

それは何でもいいのです。決して「自分に貢献できるものはホンのわずかでつまらない」などと軽視しないでください。

逆に、色々な能力のある人がホンのわずかなことしか貢献しないこともよくないのです。

とにかくできるだけ自分の行為を善行為にして、外に向けて行動しましょう。

そうすればいい結果が、自分から望まなくても、好き勝手にやってくるものです。

それで充実感のある幸福な生き方ができます。
posted by 田村 季山 at 03:34| Comment(0) | 健康・老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月28日

人間の最大の罪は不機嫌・・・

ドイツの文豪ゲーテは、「人間の最大の罪は、不機嫌である」という言葉を残しています。

人間の最大の罪は、人を殺すことであるとか、物を盗むことであるとか、裏切ることであるとか、優しさに欠けていることであるとは言わなかったのです。

不機嫌は一人や二人に影響を及ぼすのではなく、その人が接する全ての人を不機嫌にする、不愉快をふりまいて歩いている、と言いました。

皆さんは、隣の人に対して、家族に対して、同じ職場の人に対して、自分ひとりが不機嫌であっても、大した影響は与えないと思うかもしれません。

けれども、それは不機嫌という名の音叉(おんさ)をビィーンと撒き散らしているのです。すると、周りの多くの人がそれに共鳴し影響され不愉快な思いをします。

でも、その不機嫌のビィーンという音叉の波動は、明るく楽しく幸せに笑っている波動にかき消されてしまいます。だから、できるだけ、いつも機嫌よくしていることは大切なことです。
posted by 田村 季山 at 03:24| Comment(0) | 健康・老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月27日

一生、退屈しない

朝から晩までやっている日々のシンプルな作業は、みなさん退屈なことだと思っています。

けれども、それが退屈なことだと決めてしまうと、一生、退屈な人生を送るはめになります。

何事も「雑」にすると雑用になってしまいます。

単純なことでも、見事にこなせば、とても気分がいいものです。そして、いとも簡単に、充実感にあふれた生き方ができるのです。
posted by 田村 季山 at 03:36| Comment(0) | 健康・老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月26日

人生とは、瞬間瞬間の連続です

人生とは、瞬間瞬間の連続です。

私たちは、瞬間瞬間にしか生きられません。

いまの瞬間になすべきことは、つねに「具体的」です。

それは、話を聞くことであったり、ものを片付けることであったり、つねに「具体的」にあるものです。

いまこの瞬間になすべきことをよく知り、それをきちんとやる。

それで、何の問題もなく人生はうまくいくものです。
posted by 田村 季山 at 03:38| Comment(0) | 健康・老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月25日

何かを手に入れようとすれば代価が必要になる

多くの場合、人は手に入れようとするものの代価を払わなければなりません。

健康には節制を、金儲けには努力を、遊びにも労力と金が必要です。もちろん世の中には、食事毎に歯をみがいていても、三十代で総入れ歯になる人と、歯なんか手入れしなくても丈夫だという人がいます。

しかし、私の見る限り、金儲けは・・・いかなる手段と方法で達成しようとも、それなりにすさまじい努力がいるように見えます。何もしないでお金が入ることは、非常に稀です。
posted by 田村 季山 at 03:39| Comment(0) | 健康・老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月24日

こだわらないこと

「菜食主義なので、肉は絶対に食べない」とか、「OOを食べれば絶対健康になる」とか、食に異様にこだわる人がいます。

それらの考えは、客観的な事実というより、単なる自分の思い込みであり、いわば妄想概念です。主義や観念に引っ張られると、食事のたびに、体に大きな負担がかかります。

食べ物に対して、OO主義をつくったりグルメに走ったりすると、執着や嫌悪が生じて、心が汚れてしまいます。体を維持するために心まで汚すなんて、無知で愚かなことではないでしょうか。

これは、食べ物だけのことではありません。すべての事柄に関しても言えることで、執拗にこだわると自分が苦しくなるだけです。
posted by 田村 季山 at 03:41| Comment(0) | 健康・老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月23日

死にそうな人に対して・・・

死にそうな人に対して、どのようにお見舞いしたらいいのでしょうか。

死にそうだからといって、深刻な顔をする必要はありません。

その人が元気な時のように、普通に会えばいいのです。

「いろいろ楽しかったね」「あちこちに行ったよね」と、世間話をするのもいいでしょう。

そして、「あなたはよくやってきたね、ほんとうに親切にしてくれた」と感謝し、ほめればいいのです。

人は、感謝されると、「自分なりにこの人生をがんばってきたのだ」と満足するのです。
posted by 田村 季山 at 03:38| Comment(0) | 健康・老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月22日

最期は感謝の気持ちを伝えるように言ってあげる

末期の人を見舞うとき、その人がしゃべったり考えたりすることができる場合は、いまの自分の体の状態や調子を語ってもらいます。

それを聞きながら、「あなたにはもうやることはないのですから、看護師さんにひとこと感謝を伝えましょう。

お医者さんにも感謝しましょう。

お世話になってきた多くの人たちに、感謝の気持ちを抱きましょう。

怒りや憎しみがあったら、そんなものはもう意味がないのだから、なくして心をきれいさっぱりにしましょう」と、語りかけましょう。
posted by 田村 季山 at 03:35| Comment(0) | 健康・老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月21日

依存しない・・・悪いことにもいいことにも

私たちは、みな何かの「依存症」にかかっていると言えます。今は依存症でなくても、次の瞬間に依存症にかかることもあります。いわば依存症のキャリア(保菌者)なのです。

お酒や賭け事に依存するのは悪いと決まっていますが、「いいこと」に依存していることがあります。それはどうでしょうか。

例えば、ボランティア活動、平和活動、地域活動などはいいことです。

しかし、いかに「いいこと」でも、それに依存すれば、やはり自分を見失っていくのです。

いいことでも、依存して行えば、いい結果にはなりません。
posted by 田村 季山 at 03:37| Comment(0) | 健康・老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月20日

使用人に使われる主人ではいけません

多くの人は、「自分には子供がいる」「財産がある」「名誉がある」「地位がある」と思って、主人気取りでいます。

しかし、よくみてください。「自分のもの」と思っていても、それによって自分が支配されているのです。自由が失われているのです。

子供の奴隷になっているのです。

財産の奴隷になっているのです。

名誉、地位の奴隷になっているのです。

まるで、使用人にこき使われる主人のようなものです。

よくよく考えて死ぬ前に悔いないようにしましょう。
posted by 田村 季山 at 03:35| Comment(0) | 健康・老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月19日

早く気付く(悪感情が起こったら)

怒りの感情が入り込んだときに、その瞬間に気づかないと、それはウイルスのように瞬時に増幅してしまいます。爆発するまで増幅してゆきます。

「はやいもの勝ち」という法則は、自分の感情に打ち勝つときに使うのです。

怒り・憎しみ・嫉妬などの感情は、生まれた瞬間に気づくと、増幅しないでそこで消滅します。

はやく気づいたほうが勝ちです。放っておくと手遅れになります。
posted by 田村 季山 at 03:38| Comment(0) | 健康・老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月18日

欲を離れる

完璧に勝利を得る道とは、「何かを得る道」ではなくて、「モノから離れていく道」です。

離欲の道には完成があります。

ほんとうに充実するためには、モノはいらないのです。足りないから満たそうとするのではなく、モノがいらないということで、心を満たす道があるのです。

モノから離れる、離欲というところから、安らぎが生まれるのです。
離欲にチャレンジすることが、最高のチャレンジなのです。
posted by 田村 季山 at 03:32| Comment(0) | 健康・老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月17日

病気はチャンス

病気になることは、つらいことです。しかし、「ああ、人生とはこういうものか」と気がつくチャンスなのです。

重い病気になって、いままでの生き方をふりかえります。今までやってきたことの意味を、考えるようになります。

いくら大成功者として生きていても、病気というたったひとつの原因で、すべてが離れてしまいます。それらは自分のものにはなってないのです。

そのとき、悩んだり絶望したりせず、気持ちを切り替えて、残された人生を心穏かに過ごすように努力すればいいのです。

食べるもの、生活習慣を見直すことが重要です。
posted by 田村 季山 at 03:37| Comment(0) | 健康・老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月16日

死を念じて行く

葬儀に参列して、故人が安らかに天国に行けますようにと祈る時、死ぬことは自分には関係のない他人ごとだと思っています。

けれども、「自分もこのように死ぬのだ」と念ずるようにすると、確実な変化が訪れます。

「死ぬのがこわい、どうしよう」という不安や恐れはなくなってくるのです。

死というものは、当然の理であって、大したことはないとわかってきます。すると、人とも争わなくなります。
 
モノを集めたりすることも、あまり意味のないことだとわかってきます。
posted by 田村 季山 at 03:35| Comment(0) | 健康・老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月15日

その都度、その都度、やるべきことをしっかりやる

しっかり頑張ってあらゆることに挑戦し、成功して大会社の社長になったとしても、奴隷のように働いただけかもしれません。

株式会社になればなったで、自分の手から離れていきます。

会社が大きくなっても、歳をとれば自然と自分の手から離れていきます。

そして、死ぬ時、自分が何も得てないことに気づくと、人生は悔しいのです。

実のところ、「何を得た」とか「何を成し遂げた」とか、「どういう評価があるか」など、自分の幸せとあまり関係ないのです。

大切なことは、その都度その都度、やるべきことをしっかりやることなのです。

何事もその過程を楽しみ、その中にも喜びを感じることが大切です。
posted by 田村 季山 at 03:44| Comment(0) | 健康・老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月14日

いつまでも若さを保つ五つのルール

一、節度を持って、ギャンブルを楽しむ
  ハラハラドキドキするような毎日こそが前頭葉の機能の老化を食い止めます。

二、大いに笑うこと
  はしたないなどと思うことなく、大いに笑ってください。

三、テレビを見過ぎない
  テレビは完全に受身のメディアで、見る人に物事を考えさせません。テレビは
  ほどほどに見ることを心がけたほうがいい。

四、ブログをやってみる
  ブログは発信型のメディア。何かを発信するためには、情報を意識的に得る必要
  があります。本や雑誌、旅行などで得た知識や情報をブログなどにまとめて発信
  してみることで、脳が若返ることが期待できます。

五、仕事を続ける
  仕事は前頭葉を大いに刺激し、意欲を高めます。七十歳以上の就業率が高い
  都道府県ほど、高齢者一人あたりの老人医療費が低いというデーターもあります。
  どんな仕事をするかは、これまでの延長線上で考えるとよいでしょう。
  そのほかには「勉強する」「料理をする」「恋をする」といったことも若さを
  保つには有効です。

以上の五つは「いつまでも若さを保つ五つのルール」として精神科医の和田秀樹先生が
ある雑誌で言われていたことです。

中高年は何もしないとみるみる衰えます。いつまでも若くあるためにも、大いに学び、大いに遊びましょう。

posted by 田村 季山 at 03:12| Comment(0) | 健康・老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月13日

老いない脳を創る生活習慣とは

一、週に二〜三回以上、一日三十分以上運動すること
  ウォーキングや軽い作業など、年齢に応じて無理をしないことが大切です。

二、食生活のバランスに気をつけ、食べすぎないこと
  基本的には野菜、大豆製品などをバランスよくとり、腹八分目を実行しましょう。

三、ストレスをうまく受け流すこと
  ものごとにこだわらないこと。苦手な人とはなるべく距離をとる。

四、人とのコミュニケーションのある生活を送ること
  もっとも大切なのは家族・夫婦との会話です。

五、好奇心をもって、新たなことに挑戦すること

六、学習の習慣を続けて記憶力を保つこと

七、目標をもつこと

八、自分に報酬を与えること

九、本を読む習慣を維持すること

十、意識的に段取りをすること
  朝起きたら一日の段取りを考える、それをメモにしてみるなど、意識的にやるよう
  にすればいいのです。これは認知症の初期に効果がありますし、そうでない人の脳
  も活性化させます。

以上、東京大学の石浦章一教授がある雑誌でおっしゃっておりました。
posted by 田村 季山 at 06:13| Comment(0) | 健康・老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月12日

苦痛は何故現れるのか?

人は苦痛を敵と見なします。けれども、決して苦痛は敵ではありません。

苦痛は自己の生命が当たり前の道を歩まないで正道を踏みはずして間違った道を歩んでいることを知らせてくれる信号です。

それは私たちの忠実な信号手であり、自分が人たるの道を再び歩むように警告してくれる天の使いです。私たちが正道(神)を忘れて、自分の勝手次第のことをやっているときに再び自己を反省させて正道(神)の方へ心を振り向けさせてくれるのが苦痛なのです。

無常のものを常住のものと思い、朽ち果つべきものを永遠のものと思い、ただの幻に過ぎないものを実在だと思って、それらに執着していた心を一変させ、無常を無常とし、幻を幻とし、朽ち果つべきものを朽ち果つべきものと悟らせて、本当に常住なもの、金剛不壊(こんごうふえ)なものに心を振り向けさせてくれるのが苦痛なのです。
posted by 田村 季山 at 03:34| Comment(0) | 健康・老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月11日

人に与えた幸運は巡りめぐって返って来る

ものごとは、交換あるいは回転によって成り立っています。経済の不況は、金と物との交換がうまくいかない不均衡によって起こりますが、かといって何十年も不均衡が続くわけではありません。

運も同じで、こちらが積極的に交換を望めば、必ず返ってくるものです。

「私は運に見放されている」と思う人はもともとケチで、人に何も与えていないのです。与えなければ返ってくるわけはありません。

人に与えた運はさほど目立ちませんし、たぶん返って来る運もそう大きなものではありません。しかし、長い人生で見ると、そういった小さな運のやりとりは、意外に重要なことなのです。

よく「小さな親切運動」という催しがありますが、大きな親切を見も知らぬ他人にする人は、そうはいません。小さな親切だからこそできるのですが、これを続けていけば、必ずあなたも親切を受ける幸運に恵まれるのです。
posted by 田村 季山 at 03:33| Comment(0) | 健康・老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月10日

いつも、「今、この瞬間」を楽しむ

未来は、「今」の繰り返しです。今日すごく楽しいことがあって、それが明日もあさっても、ずっと続いていく人は、一年三百六十五日、一生が「楽しい生活」ということになります。

ということは、今のこの瞬間をどれだけ楽しむか、にかかっているのです。目の前のことを楽しんで一生懸命している人は、それが次のうれしい出来事につながります。ほとんどの場合、その面白くて新しいことは、今目の前にあることがきっかけになっているのです。

今日会う人との会話、仕事中の出来事、面倒に思える雑用・・・この中の何がきっかけで面白いことが起こるかはわかりません。そう思えないのは、「今日もいつもの繰り返しで、面白いことは何もないだろうなあ」と勝手に決めているからです。

あなたが何も期待していない雑用から、面白い展開をしていくことはたくさんあります。「今」を楽しくしている人は、また楽しいことを引き寄せてきます。毎朝、「今日、目の前に起こること、ひとつ一つを楽しもう」と思うだけで効果があります。
posted by 田村 季山 at 03:35| Comment(0) | 健康・老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする