2018年03月27日

足るを知る者は富む

「金銭欲や物質欲は、生まれつき具わっている以上、仕方ないさ」、
「そういう欲があるからこそ、やる気も出てくる」という見方もあるでしょう。

しかし、欲望の本質をなす「際限のなさ」は、終局には人を悩まし苦しめるものです。光武帝も「人は足るを知らざるに苦しむ」と喝破しております。

苦しむという点に注目し、このことに深く思いを致すことが肝要でしょう。

壮年期、働き盛りの時期であれば、百歩譲って「致し方ない」と認めるとしても、現役引退の年代になれば、断乎、「足るを知る」べきでしょう。

これは、苦を避け幸いを招く必須の条件だからです。一生のうちの後半生は足るを知る生活をしましょう。

老子の「足るを知る者は富む」という言葉は有名で、よく引用されます。まことに至言で、満足することを知っている者は、たとえ金銭面・物質面で貧しくても、精神面に豊かで富んでいます。

言い換えれば、真に富める者は、富を計る物差しを金銭・物質の外面のものから精神の内面のものに完璧に切り替えて、内面世界の充実・汪溢(おういつ)に満足しているものです。

この切り替えを付け焼刃でなく、身についたものにするよう努めましょう。
posted by 田村 季山 at 02:26| Comment(0) | 健康・老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月26日

感動は心に瑞々しさと潤いを与える・・・

「ラジオやテレビ、インターネットで、どんなよいことを聴いたり見たりしても、聴きっぱなし、見っぱなしでは何にもなりません。高齢者になったら、ボケーッと漫然と聞き流し、見流しではいけません。

自然の姿、昇る朝日、夕焼け空、四季の移ろい、世の中の変わり方、人の話、出来事をよく聞き、よく見、よく読み、感動をもって受け取ること。

これが、高齢者の健康法となるのです」と百年近く元気はつらつと生きてきた加藤シズエさん(日本の女性解放運動家・政治家)が「美しく生きる百年のあゆみ」という講演で、感動は、心に瑞々しさと潤いを与えるという話をされてました。

「経験枠」を開放すると、さまざまな事柄がどんどん飛び込んできます。飛び込んでくるものを「漫然と」ではなく、「判然と」受けとめ、感動の素材とする感受性を育てて参りましょう。
posted by 田村 季山 at 03:33| Comment(0) | 健康・老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月25日

寿命の何倍も憂いを背負わない・・・

年をとって来ると、老人特有の鬱症状を呈する人がいます。

それほどでなくても、心配性、取り越し苦労の傾向をおびる人が少なくありません。

一人で十人分くらいの憂いを背負い込むのはやめましょう。

考えても、どうにもならないこと、埒が明かないことは、考えない。

考えるのは、しばらくお休みとする。

取るに足りないこと、どう転んでも大事でないことは、パッと放念する。

成り行き任せでも済むことは、任せる。

憂いごとの材料を自分の心の中で次々に生み出さない。

自分の心を憂いごとの生産工場にしない。
posted by 田村 季山 at 03:26| Comment(0) | 健康・老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月24日

一日暮らし

「一日暮らし」は「その日暮らし」と似ていますが、少し意味合いが違います。

「その日暮らし」は、蓄えも何もなくて、その日一日をどうにか暮らしていく乏しい生活のことです。

「一日暮らし」ということは、自分にとってきょうの一日はかけがえのない大切な一日である。

どんなにつらいことも、きょう一日と思えば我慢できる。

どんなに楽しいことでも、きょう一日限りと思えば、歓楽にふけることもないでしょう。

きょう一日は、一生涯の中の一日ではなく、「自分の全生涯がきょうの一日である」と考えます。

そういうことから、今日では「一日一生」という言葉も生まれてきたようです。

一日、一日を大切に大切にして生きたいですね。
posted by 田村 季山 at 03:30| Comment(0) | 健康・老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月23日

「過去」と「未来」の棚上げの勧め

将来の不安ばかりを気にしたり、過去の失敗や過ちばかりを引きずったりしていたのでは、決して幸せな老後は得られません。

将来や過去は、いったん横に置いて、今日をいかにして充実させるかを考え、実行する。また、人生の目標を明らかにして、そちらの方向へ向いて歩み出す。

老いというものは避けることができません。ならば、いかに受け入れるか。どのように考えるか。それが問われます。

老いていく自分を認めながら、少しでも世間のお役に立つことができないか、お返しすることができないか、と考えてみることです。

気のついたことがあれば、それを日課の中に組み入れるようにしてみます。

そうすることで、日々の生活が充実していると感じ取れるようになります。
posted by 田村 季山 at 03:36| Comment(0) | 健康・老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月22日

瞬間、瞬間をムダにしないこと

人間が生きているということは、この「瞬間」を生きていることであり、それ以外にはありません。

瞬間である現在に自己のすべてが現われています。

人の一生は一瞬、一瞬の連なりです。だから、自分の人生を大切に思うならば瞬間ごとの現在を大切にする以外にはないのです。

何よりも移りゆく時を虚しく無駄に過ごさないと決心して、無用なことをして無駄に時間を過ごさないで、有益なやりがいのある事をして時間を過ごせれば幸せです。
posted by 田村 季山 at 03:36| Comment(0) | 健康・老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月21日

上機嫌を保つように努めましょう

人間にとって最善とは、できるだけ上機嫌で人生を送ることです。

上機嫌は幸福の秘訣です。

これとは反対に不機嫌は、自分自身にも周りの人々にも害になる、れっきとした罪悪です。

不機嫌は怠惰から来て、気分というものは、成るがままに放置していると不機嫌に傾きます。

ですから、私たちはいつも自分の気分に関心を払い、怠惰をしりぞけ、上機嫌を保つように努力することが肝要です。
posted by 田村 季山 at 03:29| Comment(0) | 健康・老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月20日

沈黙は金・・・饒舌の弊害

沈黙の弊害よりも、饒舌の弊害のほうがが大きいものです。

しゃべるほど味が薄くなり危険が増してきます。

話の効果は時間に反比例します。必要なときに、必要なことを、必要なだけ、そして必要な方法で、というのが原則です。

しゃべる量で相手を圧倒しようとするのは愚かなことです。

だいたい、しゃべり過ぎるとしまりがなくなります。

もっと危険なのは、黙っていればことを起こさないで済むものを、いらないことまで口走るから、「キジも鳴かずば撃たれまい」という結果を招いてしまうのです。

ピリッと効く、小粒の山椒のように、煮詰まったエキスを話したいものです。
posted by 田村 季山 at 03:03| Comment(0) | 健康・老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月19日

あるものを活用する暮らし上手に

自分が持っているモノを大切にする人は、他人が持っているモノのことで心を乱したり、悩ませたりはしません。人生、思いどおりにいかないのが世の習い。

そんな場合には、自分が思いどおりにできること、たとえば、話すこと、黙ること、外出すること、在宅すること、食べること、寝ること等々、日常の卑近なことについて、もしこれができなかったら、と想像すると、できてありがたいと気持ちが明るくなります。

何かが失われたからといって、失われたものを残念がるばかりで、失われずに済んだものを喜ばないというのは、賢い人のすることではありません。現に今、手もとにあるものを最大限に気持ちよく活用する人こそが、暮らし上手というものです。

また、記憶にも快の色のものと不快の色のものがない交ぜになっていますが、不快のほうは、なるべく蔭に押し込んでおくのがいいのです。

さらに、将来のほうにばかり熱心に目を向け、何か良いものが今、目の前にあっても見過ごしてしまう人が多いものです。

これとは反対に賢い人は、過去にはあったが現在は既にないものまで、記憶をたぐり寄せて、彷彿(ほうふつ)とよみがえらせて懐かしみ、楽しみます。
posted by 田村 季山 at 03:36| Comment(0) | 健康・老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月18日

何を残しますか?

あの人、この人の訃報が目につきます。肉体は消え失せても、心に残してくれた余韻は決して消え去ることはありません。

「人は死を約束された動物である」と聖路加病院の日野原重明先生はおっしゃいました。人は一人で生まれ、やがて一人で黄泉の旅にでます。
生の帰結は死です。その前に一切は無力です。学歴も、名誉も、地位も、財産も、形のあるものはすべて壊れます。

でも、その人が残してくれた無形の教訓は、肉体とともに死滅するものではありません。人は死んでも、その人の影響は消えません。

あなたは何を残せますか。
posted by 田村 季山 at 03:41| Comment(0) | 健康・老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする